素早いお問い合わせフォーム
お名前
お国
メールアド:
コース:
グループ人数
到着詳細
ガイド: 日本語 英語
その他の情報
 
ネパールトレッキング
エベレストベースキャンプトレッキングルート詳細
ベリーチャータートレッキク
ネパールトレッキング
エベレスト街道トレッキング
アンナプルナ地域トレッグ
ランタン地域トレッキング
ネパールその他のトレッキング
特別パーミット必要コース
アドベンチャートレッキング
お勧めトレッキングコース
トレッキングインフォ
ネパール人気クライミング
その他のサービス
ホテル手配と要約
チトワン国立公園内ホテル手配
チトワン国立公園外宿泊ホテル
チベット観光旅行ツアー
ネパールトレッキング協会加盟社
ネパールトレッキング協会加盟社

アンナプルナトレッキングルート詳細情報〜魅力の溢れるアンナプルナトレッキングルート詳細

アンナプルナ街道または、アンナプルナ方面トレッキングでは様々なトレッキングルートがあります。日帰りトレッキング、2〜3日でできるトレッキングルートから二週間以上をかけて美しい自然との出会いを求められる様々なルートがございます。

ネパール初のトレッキングルートを開始していたアンナプルナ方面、まさにその美氏自然を追いかける旅の始まりです。1972年二から開始されたトレッキングルート機に、今はたくさんのルートができており、その先にたたずむ迫力のある8000m級のヒマラヤは、実に人生で一度目にしておきたい風景であります。

アンナプルナトレッキングと言いますと多様性民族の暮らしぶり、文化に出会いながら、伴って濃い緑森の沿いながら進むことになります。アンナプルナトレッキングは奥に入っていくほどトレッキングの楽しみがエスケレートしていくのです。周囲の優しい人々に声を掛けられ、美しい花々に誘われ続々とトレッキングが緑山のてっぺんにつながってくる堂々と立ちそびえるヒマラヤのふもとヘススのです。緑いっぱいのトレッキングルートアンナプルナ街道では、エベレスト街道トレッキングほど高山病の新派に駆られることもなく、宿泊施設で出る料理も美味しと一段と評価が高い。トレッキングルートの最中に現れるヒマラヤ展望台にて人気の高いアンナプルナトレッキング地域にそびれる山群と優しい自然界をゆったりと眺められます。春のアンナプルナ方面トレッキングの魅力は一味違ってきます、この期のヒマラヤトレッキングでは、滅多な姿である、真っ赤なシャクナゲツムジの花に彩られるヒマラヤの姿を味わえるのです。圧巻の氷壁・氷河に囲まれたベースキャンの位置するヒマラヤの懐深くに入り込むこのコースバリエーション豊かなトレッキング・ルートとして世界に知られており、各ルートで毎日ワクワクするこのトレッキングルートを楽しめられます。世界があこがれるアンナプルナ街道トレッキングですが、青空トレッキングが日本語のトレッキングガイドと手配するトレッキングが、安全で安心して楽しめられるサービスを出届けします。下記により各ルートについて説明いたします、ご希望に合ったトレッキングルートまたはコースをお選び、当社までお問合せください。

アンナプルナトレッキングルート主な特徴とご覧いただけます山々

アンナプルナ山脈

ネパール中央部、マルシャンディ河とカリガンダキ河の間にまたがる大きな山群。この山群の玄関口のポカラからは、マチャプチャレ(6,993m)、アンナプルナT峰(8,091m)、U峰(7,937m)、V峰(7,555m)、W峰(7,525m)はじめ、高峰が屹立する姿が望 めます。山名はサンスクリット語で「豊穣の女神」を意味します。アンナプルナT峰は1950年にフランス隊によって初登頂され、人類初の8,000m峰登頂となりました。

ダウラギリ山群

アンナプルナ山群の西に位置する山群です。ダウラギリT峰(8,167m)をはじめ数多くの7,000m峰が屹立しています。ダウラギリT峰は1960年スイス隊により初登頂されています。他にはダウラギリU峰(7,751m)、V峰(7,715m)、W峰(7,661m)、X峰 (7,618m)、Y峰(7,268m)、チューレン・ヒマール(7,371m)、プタ・ヒウンチュリ(7,246m)、グルジャ・ヒマール (7,193m)などの7,000m峰が並びます。

アンナプルナトレッキングルート詳細はしたからご覧ください。

マナントレッキングフムディ〜マナントレッキング
アンナプルナ周遊トレッキングのスタート地点となる フムデにはカトマンズより航空機で入ることができます。 フムデ(3,280m)からマナン(3,440m)までは約3.5時間の行程。フムデよりマルシャンディ川沿いを1時間程歩くと、左手後方にアンナプルナV峰、W峰、U峰が姿 を現します。 川の橋を渡るとムーンジ。ここにもロッジの 前にアンナ プルナビューポイントなる看板が立っており快晴なら素晴らしい展望です。山腹にへばりつく大きなゴンパがあるブラガを過ぎると、マルシャンディ川沿い 最大の村 マナンに到着。ここからは正面に氷河を抱いた ガンガ プルナ(7,455m)が高く聳えます
マナントレッキングマナン〜ヤクカルカトレッキング
マナン(3,440m)からヤクカルカ(4,018m)までは、約3.5〜4時間。マナンのチョルテンでルートは別れます。左手へルートを取ると ティリチョ湖方面へ。2時間程歩いたグンサングに到着です。後方にアンナプルナV、W、U、ガンガプルナの素晴らしい展望が広がります。さらに1時間程歩いた一軒のバッティ(茶店)に到着します。通常、ここで昼食を取ります。右手にはチュルー 西峰、セントラルの展望。この辺りより標高3,000以上 でした生息しないヤクを見ることができます。そもそもヤクカルカはヤクの放牧小屋という意味です。
マナントレッキングヤクカルカ〜トロンフェディ
ヤクカルカ(4,018m)からトロンフェディ(4,450m)までは、約4#26178;#38291;の行程。いよいよマルシャンディ川最奥の宿泊 地です。ヤクカルカよりチュリ・レダーまでは1時間。トロンフェディではなく、その先のハイキャンプに宿泊し峠越えに挑むトレッカーはヤクカルカではなくこの村に 宿泊することが多いようです。チュリ・レダーを過ぎると、前方にトロンピークや、ヤカワ・ カン(6,482m)が仰げるこの2つのピークの谷間が トロンパス(5,416m)です。右手には、チュルー西峰が素晴らしい姿で聳えています。マルシャンディ 川がジャーゲン・コーラと名称を変えた水流の橋を渡り、へ上がり一軒の茶店に到着。ここからは、前方にプルカン(Purkhung:6,120m)、プトゥンヒマール山腹(Putrun Himal:6,466m)、ゲンジャン(Genjang:6,111m)の 雪 峰が姿を現します。トロンフェディには昼には到着できるでしょう。
マナントレッキングトロンパス越え(トロンフェディ〜ムクティナート)トレッキング
トロンパス越えは、このコースのハイライトである一方で、最大の難関でもあります。長い一日になるので、まだ空に星が瞬いている頃に出発するのが望ましいです。1時間半程で4,800mのハイキャンプに到着。その後、広い窪地状を回りこみ峠状の場所に出ると一軒の茶店に到着です。 日も昇り太陽が心地良い時間です。お茶休憩 を取り最後 の力を振り絞ります。山腹の丘陵を登り、また山腹を繰り 返すこと6回程で何本ものタルチョがはためく峠にようやく 到着です。峠からは、左後方にチュルー西峰、北側には峰のヤカワ ・カン、登路を振り返れば、プトゥンヒマール、ゲンジャンの雪峰が間近に仰げます。峠からの下りは、途中雪の斜面などもあるので十分に意しながら下ります。約1,600mの 標高差をムクティナートまで下山し長かった一日が終わります。
マナントレッキングムクティナート〜ジョムソン〜マルファトレッキング
ムクティナート(3,760m)からジョムソン(2,743m)を経由し マルファ(2,670m)までは、約7時間。キンガを過ぎると右足元に緑の集落が見え始めます。この村はカグベニ。この村を経由し秘境ムスタン王国方面へ行くことも可能です。 ジョムソン方面はそのまま直進し、エクレバッティに 向かいます。右側にはカリガンダキが流れています。 エクレバッティからは、ひたすら川原沿いの道をジョムソン を目指して歩きます。ジョムソンはジョムソン街道の拠点とる村で、飛行場もあります。さらに2時間ほど歩くとリンゴ故郷、マルファに到着です。途中ニルギリ北峰がきれい に展望できます。
マナントレッキングマルファ〜ラルジュン〜カロパニ〜レテ〜ガサトレッキング
マルファは、狭い石畳道の両側に並ぶ白壁の家が独特な 雰囲気を醸し出す居心地の良い村です。村中央の小高い場所にあるゴンパでは毎年10月にチベット仏教の仮面舞踏の祭りが行われます。かつでチベット潜入を果たした 河口慧海もこの村で身をひそめていました。マルファからトゥクチェまでは約2時間。手前より前方にダウラギリレンジが見え始めます。3月頃になると、道中に 桃やリンゴの花が咲き乱れ、心地良い トレッキング となります。ラルジュンより川原を歩き、 カリガンダキに 架かる橋を渡り、 谷を回りこむと、コケタン ティに到着します。途中、ラルジュン 手前よりニルギリ 三峰が きれいに展望できますコケタンティからカロパニまで は山腹を登り返し、レテまでは急坂を下ります。車道の長い 下りを2時間程歩くとようやくガサ(2,010m)に到着します。
マナントレッキングガサ〜タトパニトレッキング
ガサ(2,010m)からタトパニ(1,190m)までは、約5〜6時間の行程。ガサより樹林帯の急坂を下り、コップチャパニへ。カリガンダキの橋を渡り、しばらく歩くとルクセチャハラへと 到着します。ここからタトパニまでは、ほぼ車道が整備されており歩きや すい道になります。途中左手にアンナプルナT峰 (8,091m)とバラハシカールBraha Shikar(7,647m)を仰ぎ見ることができます。その名の通り「熱い水」を表すタトパニは、村で温泉を管理しています。タトパニのロッジから河原を降りると石で囲まれた 四角い浴槽の露店風呂があり、ここでゆっくりとトレッキングの疲れを癒すことができます
マナントレッキングタトパニ〜チトレ〜ゴレパニトレッキング
タトパニ(1,190m)からゴラパニ(2,874m)までは、約8時間の行程。タトパニから30分ほど歩くとベニー方面への分岐があります。ここよりゴラパニ方面へは進路を左に取り、急坂の石段を登り始めます。2時間ほど石段を登ると視界が開け目の前に棚田が広がります。ここはガーラと呼ばれ村。棚田では麦と米を周期を変えて作っています。村をる回りこみ、1時間程登るとシーカ (1,925m)に到着します。シーカからは、後方にダウラギリとトゥクチェピークの展望広がります。春には、シーカを過ぎると一面にシャクナゲが広がり、花のトンネルをいくつも通り抜けながらチトレ(2,390m)へと進む ことができます。2時間 ほどでチトレに到着します。チトレのロッジからは、ダウラギリ方面の山々がきれいに展望 できるので、ここで1泊するのもお勧めです。チトレからゴラパニまでは約1時間半の登りです。春には、ここでも シャクナゲが満開で、後方にダウラギリ方面、左手にアンナプルナサウス、ヒウンチェリとシャクナゲとの素晴らしい コントラストを眺めながら歩くことができます。
マナントレッキングプーンヒルトレッキング
アンナプルナトレッキング地域でもっとも人気のあるトレッキングルートプーンヒル、ダウラギリ展望台トレッキングとしても知られている。ポカラから三日か四日さえあれば十分に楽しめるアンナプルナレンジとダウラギリやマナスルヒマラヤの絶景、西ネパールヒマラヤを望める人気展望台。ゴラパニに滞在するのであれば、好展望地プーン・ヒル(3,198m)へ、御来光を見に行くのをお勧めします。ゴラパニからプーン・ヒルまでは約1時間の行程です。
マナントレッキングゴレパニ〜バンタンティ〜ティケドゥンガ〜ヒレ
ゴラパニ(2,874m)からヒレ(1,430m)までは、約5時間の下りです。バンタンティまでは約2時間。ここまで来ると、標高も下がってきたので早にはリンドウ、モクレンなどの数々の花を楽しむことができます。その後ウレリまでは30分、そしてウレリからは、膝に負担がかかる急坂な石段をティケ トゥンガまで下ります。ティケトゥンガを 経由し トレッキング最後の宿泊地となるヒレには14時頃 に 到着します。
マナントレッキングヒレ〜ナヤプルトレッキング
アンナプルナ周遊トレッキングの最後の行程となるヒレ(1,430m)からナヤプール(1,025m)までは、約3時間。ナヤプル到着されますとその後は来るまでポカラ戻りの行程となります。ナヤプール到着後はポカラに車で戻ることができます

知っておくと得するトラベル情報、お客様は大丈夫?

ネパール入国ビザ:ネパール入国目標によるビザがあり観光目的でネパール入国する場合観光ビザを取得しなければならない。在日ネパール大使館や総領事館で旅行を事前にビザを取得することもできますが、直接ネパール国際空港でもビザを取ることが出来ます。陸上でチベットやインドからネパール入国計画の場合ネパール入国口にあるイミグレーションオフィスでビザを発行されます。ビザ料金は現金のみです。15日間、30日間、90日間と100日と言う単位が主に、それ以上滞在ビザ可能です。1年間は1月一日から12月31日と言う期間を一年とし、最大で150日までのビザ可能です。

入国ビザ料金と期間 ビザ発行箇所と料金(今修正中)
ビザ料金 期間 ネパール 東京・福岡 大阪
US$00や地元金 15日間 0000日本円地元金 0000日本円か地元金 0000日本円か地元金
US$00や地元金 30日間 0000日本円 0000日本円 0000日本円
US$000や地元金 90日間 0000日本円 0000日本円 0000日本円
1日0地元金 100日間以上の場合 -------- --------- -------

ネパール入国ビザ手続き方法について詳しくはこちらから

旅行と旅行保険ついて:おかげさまで弊社ネパールトレッキング・ツアーでは、これまで両行保険利用するような状態に至ったことがございません。ネパールトレッキング・ツアーのことを奥深くまで勉強し、分析しては、どのようにすることでお客様が大事にしてる山への夢を果たせるのかを記録し、些細なことにも注意を払っては、安全にトレッキングを楽しめられる方法を実装しております。当社青空トレッキングネパールにとってはネパールトレッキングツアーは欠かせない職です、そのため一人のお客様の足を慎重に運び長い間お持ち続きの夢をかなえさせるのが、任務として理解しております。

ただし、安全な両行を試みる際には旅行保険は必須です。ネパールヒマラヤトレッキング・ツアーは、不便な山を追うことでトレッキング・ツアー中思いにもよらぬ病気、事故にあった場合、当社の日本語トレッキングガイドが付き添って繰りますが、その先で必要な治療に頼るのが旅行保険です。

ここで大事なお知らせです:漫画一何かあった場合、身の安全を考えて有効の旅行保険証コピーを会社に預かることでより安心に自然を楽しめられます。ご協力をよりしくお願いします。

当社より大事な知らせです:ネパールトレッキング、ネパール登山、ネパールクライミング、ネパールアドベンチャートレッキング、高地ベースキャンプトレッキング、ハイパストレッキング、ラフティングなどさまざまな楽しい自然遊びのできる国ではありますが、こう言った活動は山奥の不便な箇所を中心に行われます。何かがあってはいけないとお客様の安全保護に心かけております。上記説明プログラム現場で病気などされますと緊急救援活動はヘリだけによって可能な箇所が多く、ここでお客様にお願いです:旅行に出る前病気されました方と、そのほかに長い病気、危険な病気、心臓病などお持ちの方はあらかじめお知らせください。またお客様ご希望のトレッキングや観光旅行の現場ではお客様をサポートに手配のトレッキング・ツアーガイド相談ください。ご協力、ご理解をお願い申し上げます。

都合に合わせての予約:上記説明のトレッキング行程は見本もので料金は見本物の行程を基準に作られたものです。お客様の都合に合わせた行程ないよう変更は可能です。問い合わせに応じお客様の都合に沿った行程変更が可能な上、職人による手作りプランも可能です。さらにお客様のご希望に沿った見積もりプランを振りサービスでお届けします。ポーターを利用するトレッキング、ガイドを利用するトレッキングやこれらに異なるガイド矢ポーターだけを利用するトレッキングツアーからパッケージトレッキングツアーも可能です。遠慮なくお問い合わせください。
国内線航空券、ポカラは他の旅行先まで利用のバス切符、ラフティングプラン、マウンテンフライト、チトワン国立公園パッケージプランの手配、ルンビニ観光ポカラ観光、カトマンズ世界遺産観光、日本語ガイド、英語ガイド矢都合の行き先に合わせて専用車レンタルサービスなどお客様の必要に応じて手配することが当社として心をかけましたサービスを届けてしておりますのでどうぞ都合にあったサービスをご利用ください。・・・・・詳しく読む

支払い方法について:ご希望のツアー・トレッキング決定されますと決定額の20%額を予約金額として当社の銀行振込口座まで振込みさせていただくことになります。決定いたします旅行に感ずる航空券、ホテル、トレッキングや観光ガイドなどの予約決定いただくのためです。予約金が振り込まれますとその詳細を送っていただけるようによろしくお願い申し上げます。予約金が確認されますとその日や次の日までにお客様の予約プログラム詳細含む当社の印鑑つき領収書をメールでお客様の本へと送りさせていただくことになります。ご了承ください。
キャッシュカード:やでの支払いをお求めの場合会社まで連絡ください。御面倒で申し訳ありませんが予約金の20%は現金で振込みさせていただくようにお願い申し上げます。もし
国内線航空券、ポカラは他の旅行先まで利用のバス切符、ラフティングプラン、マウンテンフライト、チトワン国立公園パッケージプランの手配、ルンビニ観光ポカラ観光、カトマンズ世界遺産観光、日本語ガイド、英語ガイド矢都合の行き先に合わせて専用車レンタルサービスなどお客様の必要に応じて手配することが当社として心をかけましたサービスを届けてしておりますのでどうぞ都合にあったサービスをご利用ください。・・・・・詳しく読む

トレッキングツアーの見積もり:ネパール、チベット、ブータン、インド旅行してみたいデモその料金とツアー先についてあんまり知らないという初めて旅行するお客様から、時間が無く旅行の計画を立てられないというお客様のほかに職人による見積もりプランがほしいと思われているお客様までフリーサービスで旅程とその見積もりをお届けしております。初心者から上級者までのお客様の都合に合わせたぴったりの、職人による手作りプランと見積もりを無料でお届けしております。ご遠慮なくご利用ください。詳細を読む・・・・・・

トレッキングの準備: トレッキングパーミット:登山、クライミングとトレッキングを厳密に区別しているネパールでは、普通のトレッキングをする場合トレッキングパーミット、TIMS(Tourist Information Management System)カード必要となります。エベレスト街道、アンナプルナ地域、ランタン方面トレッキングルートは普通のトレッキングルートとし、政府発行のパーミットを必要なく自然保護地域プロジェクトとして各地域入場許可証を取得する必要があります。 これらのほかに北ドルパ、ムスタン、ツム街道、ナルフ街道などに向けてのトレッキングでは政府発行の特別トレッキング許可証を取得する必要があります。 上記説明のどちらの許可書を取得するにしても5〜6枚のパスポートサイズの写真とパスパートのコピー必要です。 せっかくの旅行、自然を遊びするのに対し地元の会社を利用することでトラブルなどに巻き込まれない地元ガイドとポーターを雇うことに心をかけましょう。詳細を読む・・・・・・。

交通機関:アンナプルナ方面トレッキングの場合カトマンズからバス、専用車やポカラ線飛行機の中でお客様の都合に合わせて利用することが出来ます。飛行機移動に比べてバス移動の場合二日から三日ほどのトレッキング行程が長くなります。専用車を利用しポカラ移動されます場合自然を楽しむばっかりではなく文化、カルチャー、普通に人生活を除くことが出来ます。トゥリスリ川沿いに走るネパール国道線の両脇にある緑を楽しんで好きなところでコチャーでも飲みながらポカラまで楽しい時間をすごせます。・・・・詳しく読む

トレッキングルート先で点在の病院と診療所:ソル・クーンブ山域:大希望のトレッキング客が込み合っているエベレスト街道トレッキングルートのジリ/ルクラ/クンデ/フェリチェでは病院や診療所があります。標高3000mを超える標高では高山病にかかることがあり、個性的です。未経験の高地であるこれらのルートでは高山病やそのほかの病気など心配なくトレッキングを楽しめられるように診療所は病院を設けています。新鮮な空気とシンプルな食生活をすごすトレッカがトレッキング後より元気になったこともあれば、下痢や普通の熱だから、あるいは息苦しく高山病の警告を走っていることを無視して死亡する事件まで巻き込まれた例があります。お客様の健康を考えて設けているこれらの診療所や病院を訪れ健康を大事にしましょう。
アンナプルナ方面:ジョムソン/マナン:アンナプルナ地域に見晴らしの大自然を健康な体と心で楽しめられるようにジョムソン街道とマナンで病院を設けております。気分が悪くなったり、食欲が無くなったり、熱や下痢になったり、あるいは高山病症状ではない・・・・・・?と疑うようなことが合ったらすぐにともにいるガイドと現状を相談し、病院を訪れ健康な体に心をかけましょう。

高山病: 高山病は個性的者です。登山や高地トレッキング経験のある方にでも高山病になることがあれば、初心者でありながら通常の標高を越えてまで高山病にならないこともあります。通常3000mを超えれば高山病が起こりうる。予防はゆうっくりと登りつむこと。体に変調が感じた場合、ともにしているガイドさんに相談し、とどまることなく下山する。標高を順にのぼりつむことから無理のない行程を取り組むことで高山病心配を避けられ・・・・・・詳しく読む

服装と装備:第一必要なのが健康な心と体。変更などに即応出来て動きやすい服装がお勧め。町を離れた山奥で自然遊びがトレッキングですから低地と高地で寝泊りすることになります。昼と夜では気温が何十度も変わることになります。そういった状況に対応できる服装を用意しましょう。
エベレスト地域のトレッキングする場合朝晩は寒く、昼は日差しが強い・・・・・・詳細を読む

トレッキングの季節:通常のトレッキング季節として知られているのが9月中旬から5月中旬。美しい山を目的としたトレッキングの場合最高のトレッキング季節として考えられるのが9月中旬から12月上旬と3月から5月まで。6月から8月にかけて雨が降ることが多い。雨季でありながら雨の降ることが無くムスタントレッキングする場合快適のシーズンとして考えられます。9月から12月にかけての秋は青空が澄み渡り、ヒマラヤの美しさは完璧。12月から2月にかけて寒さは厳しく、標高3000mを超えると積雪するが万全な準備をすれば十分に目的を楽しめる。3月から春霧が始まり、希望に沿った展望が厳しくなる。5月以降は晴れていても雨季のためトレッキングには向かない。・・・・・・詳細を読む

宿泊と食事:カトマンズやポカラ、あるいはそのほかの町観光では個室部屋での宿泊設備が可能ですが、短縮トレッキングや高地ヒマラヤベースキャンプトレッキングではロッジ泊プラントなります。食事はネパール食のダルバットから焼き召し、焼きそば(チャウミン)、うどんに似たトゥクパ、フレンチトースト、トースト、野菜炒め、ニンニクスープ、野菜スープ、オムレツ、餃子、ピザ、パンケーキ、ポリッジ、チベット風料理、ボイルドポテト、フライドポテト、焼き餃子、ホヤホヤのパン、ステーキなどなどを料金プランによるメニューが楽しめられます。・・・・・・詳細を読む
寝室:トレッキングでは個室では無く、二人が利用できる部屋があり、季節では dormitaryで寝過ごすことも考えられます。9月から12月の季節ではグループ内人数が少ないほど忙しいルートのエベレストやアンナプルナ方面トレッキングでは寝袋を利用し空き所で寝過ごすこともあります。ベッドにはかけ布団と枕も用意されて降りますが、寒げな方は寝袋を持ちましょう。なお、トレッキングシーズンに合わせてフリスの寝袋が必要かを参考ください。 トイレがロッジの外にあるときもありますのでレインコットや懐中電灯を持つと便利です。なれない道で足元の危ない道がありますので懐中電灯は必ず持つようにしましょう。・・・・・・詳細を読む
食事:ネパール料理のダル・バット、ポリッジ、パパド、オムレツ、目玉焼き、ゆで卵、ボイルドポテト、うどん風の面入りスープ、野菜炒め、タルカリ、焼きそば風のチャウミン、パンケーキ、フレンチトースト、トースト、サンドウィッチ、焼き餃子、ゆで餃子、肉、野菜スープ、フライライスお菓子、飴、パン、ビスケット、スナック、ポテトチプスなど。・・・・・・詳細を読む
お勧めの携帯式日本の味:日本の味に頑固の方携帯式の味噌汁、ふりかけ類、乗り、ココア、携帯用のしょうゆ、カップラーメンなどを持ちますと懐かしいふるさとの味を楽しめられます。
お勧めの飲み物:ブラックコーヒー、ホットコーヒー、ミルクコーヒー、コーチャー、ホットレモン、ホット水、ミネラルオーター、ホットチョクレット、ニンニクスープ、コーンスープ、缶ビル、コーラ、ハードドリンクニンニクスープ、ホットレモン、ホット水、コチャー、ミルクコチャー、ホットチョコレットなど。

ポーターとガイド:ルートごとに経験豊かな日本語や英語トレッキングガイドは可能です。日本語ガイドを利用するに当たり料金の多少が変わります。元々日本語のガイドを夢見ているものなので道やトレッキング地理の知識に優秀なトレッキングガイドあり、失格の持っているものを用意しているためトレッキング途中で苦情への心配は要りませんもしそのようなことが出た場合当社自身の責任になることを約束できます。
ガイドの経験に関することですが先輩ガイドと少なくとも2回ルートを往復してないものをガイドとして利用することがないのです。性格などに対する不安もあると思いますが、ポーターをし先輩の背中を見ながら経験と積み上げてないものをガイドとして使うことが一切ありません。少なくとも2年近く「ルートを全部知るまで」アシスタントガイドとしての仕事ぶりを確認してからガイドとして雇い始めることが当社の特徴です。
トレッキンググループをリードし山に行く仕事をガイドとしてみているのではなく、グループのことをちゃんとしてリードする上に満足の得られる仕事をこなしてくれる資格者をガイドとして雇っているのです。お客様たちの中で高山病にかかる人もいれば、それ以外の病気にかかったりする人も出るときがあります。これらの状況を読んで直ちに判断をして安全の出来る旅行をこなしてくれるものをガイドとして雇っている事実があります。ごく普通に聞こえる”有り難う”ですがお客様の安全を第一にしている私に”有り難う”ください。・・・・・・詳細を読む

当社:

政治事務所登書類
弊社について
観光客の賑っているタメル地域近くにある当社はおチャーを静かに飲みながらお話の出来る位置にあります。物乞いやそのほかのものにしつこく付きまとうことなく、大事な旅行に出発する前に冷静に注意点などお話できる距離です。中央タメルからわずか7〜8分の歩行距離にある当社はお客様のことを考え、わざと少し離れたところに設置しております。
日本人、日本の文化と日本のことをしている当社社長は日本人観光客に人気のある大手旅行社で長年に渡りマネジャーの仕事をこなしていた経験者です。清潔で時間に厳しくお客様を大切にするものです。現場にいる一人ひとりのお客様に関する情報を把握し、必要に応じて係わり員に指導し一人ひとりの安全を第一に考えてくれるものです。
地元ネパールで生まれ、日本の大手観光旅行社で勤めの経験をあり、時より日本人観光客をリードしていた経験豊かなもので、日本語使用にも問題のない仕事に厳しいでも心の暖かい人です。どうぞ一度訪れてみていかがでしょうか?よろしくお願いします。・・・・・・詳細を読む

エコプログラム:山の大国ネパール登山、トレッキングやピーククライミング愛好者にとって大の国としての人気を誇っています。手つかずの自然が印象付けるネパールですが、近年開発計画や人口増加が進むにつれて、森林の減少、温暖化現象など深刻な問題を受けている。外国から訪れています登山やトレッキングたちによる自然破壊・汚染も影響を及ぼしている。
これらの現状を深く理解し、当社では自然保護に知識優秀なガイドを利用する上でお客様に協力を求めル場合があります。少なくともトレッキング・ツアー中生活の中で出るごみのポイ捨てがないようにSPCC,ACAP, MCAPなどトレッキングルートごとにおかれているゴミ箱の中に入れるか、そうでない場合ごみ管理のできる位置まで一緒に持ってあるかするようにしてください。

よくある質問欄:当社では過去に訪れましたお客様の意見、経験とお知らせするべくものからよくある質問欄ページを作成しております。ご覧いただけますとお客様のネパール旅行をより立派な旅行になることを予想されます。そのほかの気になることなどありましたらすぐにお問い合わせください。・・・・・詳細こちらから

注意:外国の町として知られているタメル地区では非常に物乞いの子供たちが増えています。物乞いに金銭的物を与えることで彼らの育ちを妨げ、逆に言いますと社会負担が増加する幻想が起こります。そう言った行為を避けて彼らに彼らのするべく社会的任務を教えましょう。ご協力をお願い申し上げます。