素早いお問い合わせフォーム
お名前
お国
メールアド:
コース:
グループ人数
到着詳細
ガイド: 日本語 英語
その他の情報
 
ネパールトレッキング
エベレストベースキャンプトレッキングルート詳細
ベリーチャータートレッキク
ネパールトレッキング
エベレスト街道トレッキング
アンナプルナ地域トレッグ
ランタン地域トレッキング
ネパールその他のトレッキング
特別パーミット必要コース
アドベンチャートレッキング
お勧めトレッキングコース
トレッキングインフォ
ネパール人気クライミング
その他のサービス
ホテル手配と要約
チトワン国立公園内ホテル手配
チトワン国立公園外宿泊ホテル
チベット観光旅行ツアー
ネパールトレッキング協会加盟社
ネパールトレッキング協会加盟社

ネパールトレッキング・ツアー・観光旅行案内に対する良くある質問

人気憧れネパールヒマラヤトレッキングやってみたいけどネパールトレッキングや観光旅行に必要な情報をあんまり知らない。どういう食生活になるのだろうか?あるいは日本語でトレッキングや観光できるのだろうか?どのようなトレッキング会社や旅行代理店を信じれば楽しい旅行ができるのだろうか?トレッキングって何?ネパール観光旅行荷ベストシーズンっていつだろうか?日本語のガイドを雇えるの?山遊びでついていくガイドを信じきれるの?山遊びの最中病気した場合どうなるの?緊急に救援されるの?ネパールトレッキングに関するウェブサイトを開いてみても肝心な情報は抜けているため、気になる質問が出てくる?どうすればまともに情報を得られるのだろうか、と思っていませんか?

ネパールトレッキングは幅広く山奥でヒマラヤ自然遊びのことです。一日のショートヒマラヤ展望台トレッキングコースから月々までかかってしまうコースがあり、お客様の好みと都合に合わせてネパール日本語専門トレッキング当社が見積もってくれます。トレッキングコースにより毎日の歩行時間が違ってきますが、ルートによって高山病(低酸素)問題が生じることもあります。どのルートでどのような自然を楽しめられるのかをお客様の好みにお答えします。過去に訪れましたお客様からいただいております質問を含め一つ一つの気になる質問に心かけていますが、下に記載されている質問のほかに気になる点が浮かび上がった場合当社までお問い合わせください。気にかかりますすべての質問の回答をフリオンラインーサービスでお届けします。休日や事務の時間遅れにいただきました質問をなるべく早く回答出せるように心かけます。ご協力をお願いします。

過去に当社訪問されましたお客様のアドヴァイスを中心に気になる質問を出させていただきました、どうぞじっくりとご覧ください。
  • ウェブサイトではトレッキング生活に対しロッジ、旅館と書かれていますが実際はどのような生活するの?
  • ロッジヤ旅館といいましても非常にシンプルな作りで、殆ど幅の狭い部屋となります。トイレやシャワーは共同で使用することが基本です。トレッキングルートと地域によって室内にシャワーやトイレがついている場合もありますが、追加料を支払っても中々個人客を受け入れてないことが多く、たいてい、トイレとシャワーを共同のシンプルなロッジを利用させていただいています。
    お泊りの部屋とその内容 :
    お泊りの部屋についてですが、基本的に小さな部屋となります。掛け布団と敷布団はありますが、日本人の私生活と比べてみると非常に薄く、標高の高いところでヒマラヤを接近することから考えて見ると用意されている布団だけでよるしのぐことが難しいため寝袋持参を進めています。常にトレッキングで持参ものリストがありますので詳しく見るといい。停電や電気問題がありますのでヘッドライトや懐中電灯があると非常に助かります。
    計画停電がある中カメラなど充電できるの?
    山奥でも太陽熱発電が使用され最近のネパールトレッキング道中にあるロッジなどに電気が通っていることが多くなっているため宿泊のロッジで明かりが十分にあるといえる。ロッジの基本箇所としてダイニング室で電気の明かりがあっても、電気の量が不足して客室まで無いときもありますのであらかじめご了承ください。カメラなどの充電につきまして有料的な場所が多く、時間も決まっている場合が多く必要な方は同行のガイドと早めにお相談ください。
    宿泊ロッジでお湯が出る?
    太陽熱発電機の用意されているロッジではお湯が出ます。日照問題があり夕方や朝方では気持ちのいいお湯は望みにくいときがあります。これに異なる日中ではいいかも。アンナプルナやランタン方面はエベレスト方面に比べて太陽パネルを備えつけているロッジが多く、殆どお湯シャワーが可能ですが、エベレスト方面では日照問題があり薪を利用して炊いているお湯を用意してくれます。私たちの日常に比べてお湯などが大事なものです。大体使用ができますが、大事に使用するようよろしくお願いします。標高の高いところでシャワーを浴びることに当たり注意点ですが体調崩す可能性があるため注意しましょう。
    寒かった場合電気ヒーターなど使用できるの?
    不可のです。殆どの電気が太陽熱発電機となりロッジないでも主な箇所だけに照らしている状態です。充電なども有料的で時間が決まっている状態です。現場で不明点がございましたら同行のガイドと相談ください。

  • トレッキング行程内溶を見るとそこに必ずあるのが朝食・昼食・夕食、でもどんな料理なの?
  • 比較的に日本人が好んでいるメニューもありますが、食事などを気になる方は個人旅行をお勧めしたい。
    ネパール現地にある当社が実施している、パッケジトレッキングにお申し込みいただいた場合、トレッキング先道途中にあるロッジやティーハウスで宿泊させていただきまた食事を採らせていただくこととなります。
    「朝食」: 宿泊されますロッジやティーハウスでトレッキング出発前に採食事で、チャパティ(小麦粉から作れるインド風薄パン)、スープ、オムレツ、ティーやコーヒーなどトレッキングで主な料理メニューはこちらからご覧ください
    「昼食」: トレッキングの最中でロッジやティーハウスで採ることになります。お好みのものを注文していただいてかまいませんが、ただしグループ何にいる人数のことを考えて、人数か多いと、ばらばらな注文では時間がかかってしまい、時間がロスになることもあらかじめご理解ください。ネパール定番のダルバート(ご飯、豆スープ野菜炒め、漬物、のセットのこと)をいただくカ、皆で合わせて注文をするかにより時間をうまく利用することができます。さらに注文すると日本のようにすぐに出てくることが無く、大体一時間弱がかかってしまいますのであらかじめご理解ください。 一人か2人のグループなら時間的にさほど代わりがありませんがでもお好きな注文するに当たり問題ありません。
    「夕食」:ロッジやティーハウスで採ることなります。いずれにしても注文してから一時間近くかかりますので何を食べたいのかお好みのものを皆で合わせて、また食べたい時間まで知らせて注文を入れることで助かります。お客様の注文を受け入れてからご飯を炊いたり、必要な野菜などを畑にとりに行ったりすることが普通ですので時間はかかるのです。新鮮な取立てのものでうれしいですが待つ時間が長すぎてイライラするときもありますのでできればお早めに夕飯などのことを決めておきましょう。
    注意:食事が出てくるまで一時間弱かかることが普通です。できるだけ皆で相談しお早めに注文するようにすることで少しでも助かりますので状況と合わせて生きましょう。

  • 食事のほうはどんなものだろうか?
  • ネパール定番食として知られているダルバート(ご飯、野菜炒め、豆スープ「塩、香辛料味」酸っぱ味のピックルなどのセット。これ以外にも蒸し餃子、焼き餃子、チャーハン、ピザ、焼きそば風の(チョウミン)ラメン風のチャウチャウ、うどん風麺入りスープ,ボイルド・ポテト、焼き卵、ゆで卵、オムレツなどなどです。
    スパゲティ、パン類のものなども注文することができますが、日本の方々の感覚と異なるものが出てくる可能性がある上に、標高の高いところになるとパンなどは固くまた蒸しってから出すようです。べチャットして感覚が外れしまいます。出来上がりのものでは期限など何も無いため安心して食べられる過度蚊の問題も見た目で状況判断することも大事です。トレッキングを進んでいくことにパン作り工場なども通りますので取り立てのパンを楽しみたい場合ガイドにあらかじめ教えていただきましょう。

  • 手軽な予備食として安心できるもの
  • 食事に好き嫌いがあり、また味に固執の厳しい方(年配の方)日にちの長いトレッキング行程では深刻に食事ストレスを覚えてしますと思います。食事は美味しくいただいているのに味付けが違うことで受付が悪く下痢など起こしてしまう場合もあるようです。味などに固執している方ですが、インスタント味噌汁、お茶漬けの素、粉末状のスープ、さほどでは無いですがインスタントら面、お好みの携帯式しょうゆなどを持つことで意外と日本が息づく料理場になりより楽しく満足して召し上がることでしょう。一日に2、3回の休憩があり球形に誘われるのがネパールようのミルクティー(ちょっと甘い)。他の飲料品などもありますが、標高の高いここでは、お値段がとっても高く自分持ちで飲むことが普通です。

  • トレッキング中ロッジで利用のトイレとトレイペーパー ?
  • トレッキング地域とロッジのできにより水洗洋式トイレもありますが、でも殆どがボットン式便所となります。客室でトレイやシャワーが付いていることは殆ど無く、これらの便所も一棟離れたところに設備されていることが多く、中には電気も通っておらず、夜間には非常に不便と感じることもあります。この状況からいうとネパールでトレッキング・ツアー予定されますと、ヘッドライトや懐中電灯は必須としてお勧めしております。

  • 同行のガイドやポーターを信用できるの?
  • はい、安心してください。旅行中では重要点でもあります。ガイドといっても普通に道端だ拾ったものではなくちゃんとした免許証などを持っているもので、会社が彼らのことをちゃんと管理しているものです。一人一人が立派な職人でありそれなりの責任を取ってくれるものたちです。山遊びでは立派に頼れるものたちですが普通と異なる異変など感じたらすぐに遠慮なく報告するのがお客様の任務でもあります。 上記説明のガイドのことは他社や道端で拾われますガイドたちのことではなく当社のことです。当社から同行されますガイドやポーターにより何かあった場合その責任が会社が取りますのでご安心ください。ただしトレッキングでものを運んでいるポーターや運搬目標で利用されている馬やヤクによって運ばれているものに十分に注意することがお客様の責任となります 。割れそうなもの落ちそうなものなどがあれば彼らに支持をしながらもの管理を浴するようにしてください。

  • トレッキングでどのようなものを持つ必要ですか?この会社のことをよく知るにはどうすればいいですか?
  • 普通にサイトを遊んでみても気づかれると思いますが会社の政府登録番後は( 77755/67)です。このほかにネパール観光業界、特にトレッキング協会で加盟社であり、この業界に関連する協会などでお尋ねいただくか、または当社まで会社の持っている書類(プロファイルを求めるかの方法がありますので安心して利用できることをお調べください。

  • 日本語で全てのツアーを行われるって聞いていますけど、本当ですか?
  • 本当です。ウェブサイトに書かれている通りです。ネパールの自然、多様性民族のカルチャー、文化、などをできるだけ日本語で伝え、お客様楽しみの旅行をより楽しく仕上げようと心をかけています。

  • レッキングするには過去の経験などは必要ですか?
  • 普通のトレッキングルート、中間のトレッキングルートとトレッキング技術と共に優秀な能力必要なルーとして分けられています。日帰りのカトマンズ周辺トレッキングから数か月かかる登山のことまでトレッキングと言います。もっとわかりやすくですがウェブサイトを開けてネパールトレッキングページでわかりやすく初心者向けトレッキング、中級者向けトレッキングと上級者向けトレッキングとして分けられています。トレッキングルートと高度の範囲により必ず経験を求められているトレッキングからそうでないルートもありますので、問い合わせの際詳しいことを伝えるようにしましょう。

  • 一日何時間ぐらいを歩くんですか?
  • 特別に決まった時間表がなく、大体5−6時間となります。朝食後3時間あたりとランチの後2−3時間。冒険的ルートでは歩行8時間以上あるルートもあります。普通に皆様に合わせてのトレッキング行程となりますが歩くのが苦手なお客様はトレッキングの日にちを延長することができますので心配要りません。

  • トレッキング中どのような生活があるんですか?
  • ティーハウストレッキングとキャンピングトレッキングとして二種に分けられていますが、ティハウストレッキングではロッジでの宿泊なりますが料理はお客さんの好みに合わして注文できます。日本料理、カンティネンタールフード、ヨーロッパ風料理などさまざまな料理を味わえます。お客様のグループによるものですがティーハウストレッキングではお客様2人に当たり一人のガイドと一人ポーターという順になります。お客様と日本語のガイドが同行してくれますので困っていることやら知りたいことなどをお聞きください。キャンピングトレッキングはティーハウストレッキングと異なるテント内での宿泊とのことです。人や馬を利用し必要な道具、食器、宿泊テント、料理に必要な材料などを運びます。自分のペースに合わせて行けるこのトレッキングでは、ガイドや同行しているほかの人が夕方ネパール式音楽と歌などでお客様を楽しませてくれます。ティーハウストレッキングと比較的に料金が高いですが、でも思い出のある旅行になることに違いがありません。

  • もしトレッキング中からだの体調が悪かったり病気してしまったりするとどうなるんですか?
  • 熱や風、あるいはそのほかの普通な病気に対しファストエイドキットを持っている中お客様もそれら対策を準備してくるのです。ルートの最中にも病院はクリニックがあります。ルートにもよります。これら普通の病気と違って緊急的面では緊急救援活動を活発的、ちゃんとした病院へつれてくることになる。そのため緊急救援保険と健康保険が必要となりますのこれらに対しちゃんとしてからトレッキングツアーに望むよう申し上げたいところです。トレッキングの最中雄一考えられる病気は高山病です。これが普通と危なっかしいどちらでも有、標高3000mあたりのトレッキングでは高山病にかかることがなかなかなく、過去の経験から言うと、3000mの高度を越えると考えられることです。普通に標高を下げることですぐにもとの状態に戻るときもあるものの、ちゃんとした治療が必要なときもございます。何よりは自分に合うペースにトレッキングをすること。慌ててトレッキングをすることもよくないの一方では、あわせることも良くないのです。無理して他の者に合わせようとすると空気が薄いため高山の影響を受けやすくなります。ですから普通の自分と違って何か異変が感じたら無理してごまかすように考えるのではなくすぐにガイドさんと相談することが大切です。 眩暈があったり、食欲をなくしたり、体調が悪かったり、息苦しくなったり、体が弱ったり、顔や手足が腫れりすることが高山病の兆候です。もしこのようなことが感じるとすぐに同行のガイドさんに知らせることで何事なくすぐ後戻りすることができると思います。是非ガイドさんまでお相談ください。詳しいことは”高山病と高地トレッキング“をクリックください。 毎日ちゃんとした生活をして自己管理をちゃんとすることが大切です。水(ホットレモン)をたっぷり飲んだり、体調管理をすることがこれらの危機から脱がれる方法で、出来ればあんまりアルコールなどを使用しないことにも助かります。

  • ティハウス(ロッジ)とテントキャンピングトレッキングってどんなことですか?
  • ガイドさんに導かれてルート先にあるティーハウス(ロッジ)で泊まりながら行われるトレッキングはティハウストレッキングといわれます。そうすることで道を迷うことなく、ほかに何か大変なことが生じた場合、同行者に助かってもらうのが目的です。歴史的エベント、自然に対する思いのほかに知らない地で活躍の場合違法行為など起こさないようにガイドすることがガイドの役割です。道や大切な歴史スポットを通訳しながら、必要なとき面倒を見てくれることから手伝い人の役割を果たすことがガイドの仕事で、これこそに安全で楽しいたびを希望できるんです。 これと違ってもうひとつのトレッキングはテント(キャンピング)トレッキング。ピクニックの気分で美しい風景を楽しみながら忙しいルートを外し、ゆったりした遊びの求めがキャンピングトレッキング。ちゃんとした訓練を受けたクックさんが一緒にいて、毎日毎食その場その場で作ってくれるから新鮮で、できたての健康的美味しい料理を楽しめることも出来ます。ゆったりした時間の流れの中に華々しく新鮮な空気を吸いながら毎日毎日多様性民族の暮らしぶりを望めます。 朝六時にお湯を渡されは顔を払います。その後お茶やコーヒーが出てくる。その間朝食の準備が出来る。7字当たりに朝食を採るとトレッキングして次のキャンプランチを採ります。12−1時の間にランチを採り少し休憩して次のキャンプ先までトレッキングで行きます。夕方5時ごろ取れキングが終了するとスナックなどをつまみながら周りの風景を楽しむ。夕方7−8の間に食事をしてガイドやポーターによる楽しい時間が始まります。音楽を元に歌を歌ったり、踊ったりする。お客様にも誘われることがあるので出来るだけ断らないでください。盛り上げてお客様を楽しませてやろうという彼らの心に傷がつきます。自分ができる範囲でもいいですからぐるぐる回ることでも結構です。 こうしてこのような形で目的地域まで楽しくロマンチックな気分で行うトレッキングはキャンプトレッキングといいます。これに必要なすべてのテントとほかのキッチン用の道具がポーターや馬たちにより運ばれます。軽いハンドバックのほかにすべてがポーターたちが運びますので軽々とトレッキング生活を行われます。

  • もし信じているガイドやポーターが道途中で逃げてしまえばどうなるんですか?
  • まずはありえない話としかいえないのです。私たちはチームワークなので会社に対し不満を持っているものがいません。お客様をだましたり物を盗んだりすることが経歴の中で一度もなかったことです。政府からこの道の免許証をとって世話をしているものたちですが、さらには彼らに対するすべての情報が把握していない限りお客様のを預けることが第一ないので心配など要りません。政府の事務所でちゃんと登録されている会社なので私たちも一日二日の仕事をやっているのではなく会社としての器がありそれのために一所懸命に動力を尽くしている。いざということが発生した場合弁償をすることになります。 事実を言うと遠い国で一口安い言葉で友達として受けたものが個人的にトレッキングやそのほかのプログラムを組んだりこのようなことを犯しているものが要ると耳にするときがあります。会社の誇りがあり長い年月を注いできた人生の道ですので私たちがこの業界でこのような責任のことをすることはできません。予約することだけが目的ではなくお客様の口コミ情報にも私たちの将来がかかっています。そのときになるとネパールトレッキング協会などで会社がちゃんとしているものかどうかを確認してください。よろしくお願いします

  • ネパールでトレッキングをするのに一番最高の季節とは?もしその時期に合わせなかった場合、ほかに方法がございますか?
  • ネパールで旅行するのに最高な季節として言えるのは9月後半から12月前半ころと3月から5月下旬です。まったく春うららな感じで雨降ることもなかなかなく、のほほんと旅行を楽しめられます。日本のお客様から考えられない天候が続きのほほん、のほほんと言う感じです。 もしこの季節にあわして旅行をできない方でも大丈夫です。 大体3月から5月までも最高の季節であり、このときは山の斜面は花が咲いてきれいになるころで冬を終わって、とっても心地よい時期と考えられます。ただし六月から八月にかけては雨季なのであんまりにも良くない季節と考えてください。この季節のほかにトレッキングなどしたい場合、マナングやムスタン地域でのトレッキングです。冬にしか寒すぎるこの地域ではあんまり雨が降ることなく、夏のとき方が涼しくて楽々に旅行出来ます。10何年前まで禁じられていたこの地域では今は合間なく人が魅力のあふれる大自然を楽しんでいる。とっても素敵で雪山を背景に米南西部やメキシコにあるような海底谷よりも美しいといわれている谷底へのアクセスが新たな出会いになるでしょう。

  • ネパールでは普通の温度と気候がどんなものですか?
  • 普通に1000mから3500mあたりではほとんどの温度が20度近くですが下のほうでは零度を超えるときもあります。だけどこれに異なる雪山の近くでは 20度から冬になると北海道に近い気候なのでー20を度超える時もあります。普通に言うと沖縄より涼しい感じで北海度より寒いところのどっちらも存在しているのがネパールです。ほとんど普通のトレッキング範囲ではこれらのどっちもないところでもあります。

  • 空港で向かいにくるって聞いていますけど本当ですか?
  • 本当です。お客様の名前を書いている旗の持っている会社会社尾係員がお客様の出る出口で待ってくれている。ですので出てから気が付いた瞬間に手を振ってくれることで互いに助かります。係員が会社代表者であるかどうかを確かめてください。不要人と不法なものに連れられてしまいますと大変迷惑なことになる可能性があるわけですから気をつけるようにしましょう。

  • この会社のトレッキングスタッフが保険に入っているんですか?
  • 入っています。標高の高いところで働いているかられは当然ながら保険に入っているのです。スタッフが不満を持ってしまうと迷惑になります。不満などを持たないようにするために彼らに給料やらボナスをちゃんとして払っている。必要なとき支払いのある休みを取らせてまたは一年に一回給料を上げる制度も導入しているから楽しい旅行を保障します。ご安心ください。

  • なぜほかの客がこの会社を選ぶんですか?
  • 普通に言うとサービスのことだと思います。お客様が要望しているトレッキングやツアーに対し、お客様の気持ちを把握し、時間のマネッジメントをちゃんとしていることがその理由だと私どもが思っております。旅行プランでは隠し金など無くすべてがありのままにしていることがまたもう一つの理由でしょう。ウェブサイトに記載されているパッケジプランが会社の評判をより上げていると信じています。不満なく希望している旅行ができていることがその理由じゃないでしょうか?よろしくお願いします。

  • 環境問題に対し何か対策をお持ちですか?
  • もちろんあります。大切なのは明日という日があれば今日という日が続る。詳しいことはエコツアをクリックしてください。何より無実に生まれてくる子供たちの将来を妨げるような行動を犯さないと自分たちの心に誓っております。

  • トレッキング中で家のほうに連絡することなどが可能ですか?
  • 可能です。ルート先でこの件に関する商売をやっているものがくさんいます。トレッキングツアーされます目的のルートにもよります。人気のあるエベレスト、アンナプルナやランタンのほかにポカラ、ルンビニといった旅行先では受話器をとって番号をダイヤルするだけのことです。インターネットを使って連絡することも可能です多少可能ですがこれも旅行に人気のあるルートなどに限るところとなります。

  • 旅行に関する道具やほかの必要なものを勝ったり借りたりすることは出来るんですか?
  • もちろんです。タメルや周辺では旅行者向けの専門店がたくさんあり、登山、クライミング、トレッキングなどに関するものなどを簡単に手に入ります。知らない場合会社の方で相談ください。 どのような道具が必要かについては“トレッキンググレード&チェックリスト“をごらんになりお選びください。季節と旅行先のことをメールで送ってこられた場合私たちが物選びにアドヴァイスをします。メールをください。

  • 政治事務所でちゃんと登録済みですか?
  • はいそうです。法的問題について何一つ疑えることなどなくちゃんとしている会社なんです。ネパールのカトマンズ市内旅行者に人気のある町中央タメルから5以内のところです。会社の政府登録番号などを記載している上にネパールトレッキング協会のウェブサイトを開いてご確認ください。お選びの会社の名前が協会のリストに無い場合不法な会社であるとも考えられる。政府登録番号は: 77755/67お手数ですが、何か不明点などがございましたら会社の方にお問い合わせください。よろしくお願いします。
  • トレッキングでどのようなものをお持ちすればいいのでしょうか?
登山靴 自分の足に合った、防水性のあるハイカットの軽登山靴をお薦めします。
スニーカーまたはサンダル 幕営地やロッジなどでの行動用にあると便利です。
ザック(25〜40L) 行動中必要の無い物などを入れポーターに預けるために使います。
ザック(50〜70L)orダッフルバッグ 行動中必要の無い物などを入れポーターに預けるために使います。
ストック 歩行時の補助として使用、使用する場合は、バランスを考えてダブルストックをお薦めします。
レインウェア  降雨降雪時以外にも、防寒暴風としても使用可能な上下別タイプで、防水・透湿性が良く蒸れ難い素材をお選び下さい。
スパッツ 降雪、降雨時にはロングスパッツをお薦めします。
ダウンジャケット &ダウンパンツ 標が4000m以上テント泊、厳冬期の場合は必要性大です。オーバーダウンは停滞時に通常使 われますが、行動中は少々動きを損ないます。ンナーダウン、行動中にも使えレインウェアー、上着を重ねる事で、 オーバーダウン 並みの威力を発揮し、トレックにおいては便利です。
セーターorフリース 軽く保温性に優れた物をお選び下さい。
ズボン 伸縮性があり動き易く、吸湿速乾性のあるものをお薦めします。
カッターシャツ及びTシャツ 伸縮性があり動き易く、吸湿速乾性のあるものをお薦めします。
下着上下(防寒用) 起毛素材、保温性に優れ吸湿速乾性の高い物をお選び下さい。
靴下 クッション性があり厚みのあるウールもしくは吸湿速乾性素材のものがお薦めです。
手袋 手のひらに滑り止めのある軍手は行動中使用に便利です。防寒用にはウールかフリース素材のものをお薦めします。
帽子 日よけ用と防寒用をご用意下さい。防寒用にはウールかフリース素材のものをお薦めします。
シュラフ(寝袋) 現地にてインナーを含めご用意いたします。
シュラフカバー より保温性を増します。
サングラス 強い日差しから目を守るために必携です。
ヘッドランプ(懐中電灯) 予備のバッテリーも忘れずにお持ち下さい。
水筒 行動中の水分補給用として1L程度の容量が適度です。
テルモス 夜間及び行動中に暖かい飲み物が飲めるように、0.5L程度の容量が適度です。
日焼け止めクリーム&リップクリーム 特に唇の日焼け(荒れ)は、口が開けられなくなってしまい、食事時問題になりますから気をつけましょう。リップクリームは必携です。
マスク 防塵、乾燥対策にあると便利です。
トイレットペーパー ティッシュペーパーは水に溶けないので、トイレットペーパーをご用意下さい。
嗜好品 体調が悪く食欲の無い時に食べられる補助食品及び副食。
医薬品 持病の薬、外傷薬・整腸胃腸薬など。
洗面用具 それぞれお使いになっている物。
Web-Stat traffic analysis