素早いお問い合わせフォーム
お名前
お国
メールアド:
コース:
グループ人数
到着詳細
ガイド: 日本語 英語
その他の情報
 
ネパールトレッキング
エベレストベースキャンプトレッキングルート詳細
ベリーチャータートレッキク
ネパールトレッキング
エベレスト街道トレッキング
アンナプルナ地域トレッグ
ランタン地域トレッキング
ネパールその他のトレッキング
特別パーミット必要コース
アドベンチャートレッキング
お勧めトレッキングコース
トレッキングインフォ
ネパール人気クライミング
その他のサービス
ホテル手配と要約
チトワン国立公園内ホテル手配
チトワン国立公園外宿泊ホテル
チベット観光旅行ツアー
ネパールトレッキング協会加盟社
ネパールトレッキング協会加盟社

エベレスト街道ヘリチャータートレッキング〜サンボチェヘリツアー、カラパタールヘリチャータートレッキング、ルクラツアー

ベストシーズン:10月〜12月、3月〜5月 エベレスト街道ヘリチャータートレッキング
シーズン:9月後半から6月まで

世界の隅々どこでもごく普通に聞こえる言葉"エベレスト街道トレッキング“は世界最高のヒマラヤが輝く無二一所のヒマラヤ絶景を楽しんでいただけるトレッキングコースです。世界最高の峰10個のうちその8個がネパールに聳えているため一国を旅行するだけこれだけの魅力溢れる自然と出会えるのです。空を突きそうな巨大エベレストが聳えるエベレスト街道トレッキングでは一面ヒマラヤに追われている世界で、世界一忙しいトレッキングルートでもあります。

カトマンズ到着されその後ルクラフライトを利用しルクラに到着されますと一刻一刻歩きながら不便な旅館やティハウスで息苦しいよるを過ごすことにもなります。魅力溢れる雄姿なヒマラヤとその壮観な姿を観光するにいたり、何週間と言う日にちが求められる。高度の高いルートを追いながらご苦労を覚えながらへとへとになることも普通。エベレスト街道トレッキングを全体を楽しんでみたくても、時間の都合が悪く、なかなかのものです。短宿トレッキングで一つか二つのルートを楽しんでいるうちにまたもが誘われ続ける自然が世界でたった一つの自然景色。小さな旅館で寒苦しい夜を過ごすのも大変であり、なんと言っても高度で一日何時と言う時間を歩き通すことも苦手の上にせっかくの楽しみが高山病にかかってしまうと悔しい思いがする。このような面倒から逃れ一日でエベレスト街道全体を苦しい重いすることなく一気に楽しんでしまうという計画を手配しています。お客様の気持ちと願いに沿って当社ではヘリチャータートレッキングを手配しております。通常のトレッキングに比べ料金が高いですが、カトマンズを出発し、エベレスト街道ヒマラヤを楽しんで頂夕方ではインターナショナルスタンダード高級ホテルで熱い風呂に入り好みの料理を頂、極楽のエベレスト街道トレッキングを楽々楽しんでください。

ご利用のヘリについて:

憧れるほどにエベレスト街道ヘリチャータートレッキングは技術的面から安全確保する必要があります。ご利用させて頂ますヘリは少なくとも15000フィット上に飛べる飛翔力のものでなければなりません。22000〜23000万フィットまで飛翔力のあるB2型ヘリとB3型ヘリがご利用していただくテクニカル面があり、カトマンズから発着されますといったんルクラで到着いたします。お一人様の体重を75キロ基本にしてシャンボチェまでは6人が乗れますが、標高3880mのサンボチェからは6人のお客様から3人にして頂ヘリはヘリチャータースタンダードルート「ゴーキョバレー周辺の景色豊かなルートからパンボチェやディンボチェを中心にカラパタールへと向かいます。エベレストの姿をはっきりと見えるカラパタール草原でヘリが止まる時間は10分近くです。サンボチェで三人のお客様を降りて頂、三人のお客様を乗せるヘリはヘリチャータースタンダードルートを通いカラパタール到着します。カラパタールで素晴らしいヒマラヤ絶景を楽しんで頂10分近くでヘリはチュックン村あたりを回ってタンボチェの上からサンボチェへと戻ります。

カラパタールヘリチャータートレッキングを目的されます場合標高1300のカトマンズ到着後のことになります。ヘリを利用して頂次向かうのが標高2810mのルクラです。普通のトレッキングのように上々に体を慣らしながら行くのではなく、一気にヘリをご利用になり次の到着目的先は標高3880のサンボチェです。カトマンズから直接サンボチェ到着されるより

少でも高度順応の目的としてルクラで到着させて頂その後はサンボチェです。初心者のお客様で
標高5545mのカラパタールは高度な位置です。テクニカル問題が生じる可能性があるタメエンジンを止めてヒマラヤパノラマを楽しんでいただくことは出来ない。この高度ではいったんエンジンを止めますと次エンジンがかからない恐れがあり、エンジンをかけたまま10分近く大絶景のヒマラヤを楽しんでいただくことになります。通常のやり方です。最高標高のエベレストとその周辺通常のトレッキングやヘリチャータートレッキング基準なるのが標高です。

ご利用のヘリ型と飛翔力と重量につきまして:

標高が高いと容量が良く飛翔力に頼れるヘリ(B2型かB3型)を利用させて頂いております。BA型ヘリ、B型ヘリB2型ヘリとB3型ヘリがあり容量に良く、エベレストヘリチャータートレッキングではB2やB3型ヘリだけが考えられるのです。15000フィット標高を越える飛翔力のあるヘリを求められる当地域ヘリチャータートレッキングは、まして容量が良く6人の乗用客を乗れるのです。一人のお客様の体重を75キロを基準としている計画です。大人のお客様を6人を乗せ、シャンボチェまで移動できるのですが、これ以上に標高が上がるゴーキョ、カラパタールまではお客様の人数を3人までにして頂、ヘリーチャータートレッキングスタンダードルートを追いながらカラパタールで到着します。 第一回目のお客様をカラパタールに残しヘリはシャンボチェへと向かいます。残りのお客様を乗せヘリチャータートレッキングルートで最高のルートをカラパタルへ向かいます。カラパタールでは15分の観光計画をさせていただいているのです。一日中標高1300mのカトマンズから5550mのカラパタールまでに上がってしまうとカラパタールでの長時間は危険です。このほかに技術的問題にてヘリをエンジンきることが出来ません。この標高でいったんヘリのエンジンを止めさせて頂ますと次エンジンがかかるのが混乱です。これらの事実を理解のうえでヘリチャーター計画を立たせていただくことが注意すべく重要点です。

サンボチェまでご利用の場合スタンダードタイムとして2時間半程度です。
エベレスト街道全体をマウンテンフライトと言う計画では4時間程度の計画となります。
エベレスト街道ヘリチャーター料金プラン:
ご利用になれますお客様一人の体重を75キロを基準とする6人までです。

1時間単位を基準になりますが、1時間後利用料金は:
ピークシーズンの9月後半から11月と3月後半から5月まで:USD 2500.00
ローシーズンの12月から2月と6月から8月までのご料金は:USD 2200.00

トレッキングプラン:

A:一日でエベレスト街道を回ってしまうトレッキングコース

カラパタルでヒマラヤ観光の時刻

1300mの標高カトマンズから出発され一日で一気に標高の5550mのカラパタルまで上がりますと高度順応の問題を考えて15分近くの観光予定です。自然現象による技術的問題によりこれ以上の時間この高度では危険すぎることにもなるのです。このほかにカラパタールでは飛行機がエンジンをきって止めることは出来ません。最高標高のここではいったんエンジンをきってしまうと次エンジンがかからないからです。技術的面とお客様の健康の両方を考えての計画です。これらの理念により最初に到着されましたお客様の順にお客様を乗せエベレスト含むヌプシェ、ロッシェバルンヒマール、アマダブラムが群がるヘリチャーターの基本ルートをたどってご希望によりタンボチェへと向かいます。ここでは40分近くの休憩予定です。タンボチェもエベレスト街道トレッキングでもっとも人気のあるヒマラヤパノラマをいただける最高の展望台です。シェルパ族のヴァチカンとも言われているタンボチェではエベレスト地域でもっとも古いチベット仏教による寺院があります。こうしてお客様民が集合後40分近くのヒマラヤ観光終了後ヘリはルクラへと戻ります。ルクラでいったん到着し燃料などご確認後カトマンズへとバックする計画です。

ヘリチャータートレッキング楽しめるさまざまな方法とルート

ヘリチャータートレッキングといいましても色々な方法があります。カトマンズからルクラ線飛行機を利用していただく方法もあるものの天候問題により色々と欠航の可能性もあるのです。悪天により一度ではなく何度や何日までの欠航と言う可能性も考えられるのです。せっかくの旅行とその楽しみが悪天による飛行機の欠航で終わってしまいますと、これほど苦い思いすることは無いでしょう。この現実から逃れる方法として、ルクラまでヘリをチャーターサービス計画から、サンボチェやそのほかにエベレスト街道全体をヘリでマウンテンフライトをするというさまざまな方法を取っていただけるのです。

ルクラまでヘリをチャーターされます場合、それ以降の目的先まではティハウストレッキングを行って頂ます。ヘリチャータートレッキングはブロックタイム(ヘリご利用のスタンダードタイム)がありまして、ルクラまでご利用の場合、往復で2時間程度です。

B.シャンボチェまでヘリを利用しその後トレッキングでカラパタールやご希望のヒマラヤ展望台目指すトレッキングプラン:

サンボチェまでのご利用時間は当社のスタンダードタイム設定は往復で2時間半の予定です。この計画ではカトマンズ発着後の上記にありましたようにルクラで不要の荷物を降ろし、次はサンボチェへと向かいます。サンボチェ往復のヘリチャータートレッキングではサンボチェ到着後の一日周辺散策を行ってお客様の健康を把握します。初心者の場合高山病にかかる可能性も考えられ、高度で体を慣らす健康のための休憩です。高度順応に慣れるまでそれ以上のカラパタールやゴーキョピークトレッキングを目的とするトレッキングは不可能です。高度順応になれるためナムチェバザールやチュックン村などを下ったりしてハイキングを行います。

その後サンボチェからのトレッキング行程は下からご覧ください。ゴーキョピークトレッキングかカラパタールトレッキングを目的とするそれぞれの行程を作成してますのでご希望をお選びください。

B.aサンボチェからカラパタールトレッキングを目的とするトレッキング行程

  • Day 01: カトマンズ国際空港到着後。朝食付きでホテル泊まり。
  • Day 02: ヘリにてカトマンズからルクラを通すサンボチェまで移動。朝食つきでサンボチェ宿泊。
  • Day 03: 高度順応のため休憩。サンボチェ周辺はクムジュン村ハイキング。朝食付きでサンボチェ宿泊。
  • Day 04: サンボチェからタンボチェまでトレッキング。三食付でタンボチェティハウス泊まり。
  • Day 05: タンボチェからディンボチェまでトレッキング。三食付でティハウス泊まり。
  • Day 06: ディンボチェで高度順応のため休憩。チュックン村かナンカル周辺散策。三食付きでホテル泊まり。
  • Day 07: ディンボチェからロブチェまでトレッキング。三食付きでホテル泊まり。
  • Day 08: ロブチェから朝早めにゴラクシェップ(朝食箇所)通過するカラパタール山頂までトレッキングとバックしてロブチェ宿泊。三食付きでホテル泊まり。
  • Day 09: ロブチェからタンボチェトレッキング。三食付きでホテル泊まり。
  • Day 10: タンボチェからヘリにてルクラを通過しカトマンズバック午後カトマンズでお土産などショッピング。朝食付きでホテル泊まり。
  • Day 11: カトマンズ国際空港ドロップと共にツアートレッキングの解散。帰国です。
注意:サンボチェからトレッキングを開始されその後ポーターを雇いお客様の荷物をタンボチェまでに移動し、これによりタンボチェからサンボチェまでの厳しい急な道でのトレッキングが無くて済むからです。ご希望がサンボチェの場合お知らせください。

B.bサンボチェからゴーキョピークトレッキングを目標とするトレッキング行程

  • Day 01: カトマンズ国際空港到着と係員によりホテル案内。朝食付きでホテル泊
  • Day 02: カトマンズからルクラを通過するサンボチェ到着。朝食付きでサンボチェホテル泊まり。
  • Day 03: 高度順応のため休憩。サンボチェ周辺はクムジュン村ハイキング。朝食付きでサンボチェ宿泊。
  • Day 04: サンボチェからタンボチェまでトレッキング。三食付でティハウス泊まり。
  • Day 05: サンボチェ〜フォルチェタンガ(3690m)トレッキング。三食付でティハウス泊まり
  • Day 06: フォルチェタンガ〜ドレ(4200m)までトレッキング。歩行約4時間 朝・昼・夕食つきでロッジ泊。
  • Day 07: ドレ〜マチェルモ(4470m)までトレッキング。歩行約5時間。 朝・昼・夕食つきでロッジ泊。
  • Day 08: マチェルモ〜ゴーキョ(4790m)トレッキング。歩行約5時間 朝・昼・夕食つき。
  • Day 09: ゴーキョ〜ゴーキョ・リピーク(5463m)トレッキング。時間が遅いと風が強いため早い朝世界最高の絶景を目指してゴーキョピーク上ります。昼に比べて朝一の絶景が最高です。ゴーキョピークからトレッキングダウンでマチェルモへと戻ります。長・昼・夕食付でロッジ泊。
  • Day 10: マチェルモからサンボチェまでトレッキング。朝食付きでサンボチェホテル泊まり。
  • Day 11: ヘリにてサンボチェからルクラを通過するカトマンズバック、午後お土産物ショッピング。朝食付きでホテル泊まり。
  • Day 12: カトマンズ国際空港ドロップと共にツアートレッキングの解散。帰国です。

ルクラまでヘリチャーターしその後通常のトレッキング場合のトレッキング行程

  • Day 01: カトマンズ到着後当社係員により空港からホテルで向かえサービスとホテル案内。朝食付きでホテル泊まり。
  • Day 02: カトマンズ〜ルクラ2810m:チャーターヘリにてカトマンズからルクラ移動とファクディン(2650m)までトレッキング(約3時間) 朝・昼・夕食付
  • Day 03: ファクディン(2650m)〜ナムチェバザール(3440):ファクディンから(約6時間)朝・昼・夕食つき。
  • Day 04: ナムチェバザール(3440m)で行動順応のため休憩。朝・昼・夕食つきでロッジ泊まり。
  • Day 05: ナムチェバザール〜タンボチェトレッキング(3867m) (約5時間)朝・昼・夕食つき。
  • Day 06: タンボチェ〜ディンボチェまでトレッキング。歩行約6時間。朝・昼・夕食つき
  • Day 04: ディンボチェ(4410m)では高度順応のため休憩。朝・昼・夕食つきでティハウス泊まり。
  • Day 08: ディンボチェ〜ロブチェまでトレッキング。歩行約6時間。 朝・昼・夕食つき。
  • Day 09: ロブチェ(4910m)からゴラクシェップを通すカラパタール(5545m)トレッキングとバックしてゴラクシェップでティハウス泊まり。朝・昼・夕食つき。
  • Day 10: ゴラクシェップからエベレストベースキャンプを目指しロブチェトレッキングバック。朝・昼・夕食付でティハウス泊まり。約6時間。
  • Day 11: ロブチェからタンボチェトレッキングバック。朝・昼・夕食つきでティハウス泊まり。
  • Day 12: タンボチェからモンジョトレッキングバック。朝・昼・夕食つきでティハウス泊まり
  • Day 13: モンジョからルクラトレッキングバック。朝・昼・夕食つきでティハウス泊まり
  • Day 14: ルクラからヘリにてカトマンズバック。午後ショッピング。朝食付きでホテル泊まり。
  • Day 15: カトマンズ国際空港ドロップと共にツアートレッキングの解散。帰国です。

知っておくと得するネパール旅行に関する主な情報、お客様は大丈夫?

ネパール入国ビザ:ネパール入国目標によるビザがあり観光目的でネパール入国する場合観光ビザを取得しなければならない。在日ネパール大使館や総領事館で旅行を事前にビザを取得することもできますが、直接ネパール国際空港でもビザを取ることが出来ます。陸上でチベットやインドからネパール入国計画の場合ネパール入国口にあるイミグレーションオフィスでビザを発行されます。ビザ料金は現金のみです。15日間、30日間、90日間と100日と言う単位が主に、それ以上滞在ビザ可能です。1年間は1月一日から12月31日と言う期間を一年とし、最大で150日までのビザ可能です。

入国ビザ料金と期間 ビザ発行箇所と料金
ビザ料金 期間 ネパール 東京・福岡 大阪
US$25や地元金 15日間 3000日本円地元金 3000日本円か地元金 3300日本円か地元金
US$40や地元金 30日間 5000日本円 5000日本円 5500日本円
US$100や地元金 90日間 12200日本円 12200日本円 13200日本円
1日1US$地元金 100日間以上の場合 -------- --------- -------

ネパール入国ビザ手続き方法について詳しくはこちらから

旅行と旅行保険ついて:旅行保険はご存知の通り旅行で手に負えない病気、自然災害、アクシデントなどに巻き込まれた場合利用するものです。当社ではお客様の旅行を大事に預かって行こうと心をかけております。ネパールやチベット旅行は荒々しい道を歩き通すアドベンチャーを中心とする旅行であり危険箇所もが多いです。こういった旅行のことを考えて万が一何かがあった場合とっても大事なのが旅行保険です。自然を楽しみ山奥で自然災害や病気に襲われますと、大都会のカトマンズ、ポカラ、ビラとナガル戻るまでに安心できる病院などなく困ってしまうときがあります。救急車での救援活動できる箇所が少なく、非常じだいに備えてチャーターヘリを利用することになります。有効の旅行保険が無い場合チャーターヘリが利用しし難く、困ってしまうのが過去の経験です。ここで大事なお知らせです:漫画一何かあった場合、身の安全を考えて有効の旅行保険証コピーを会社に預かることでより安心に自然を楽しめられます。ご協力をよりしくお願いします。

当社より大事な知らせです:ネパールトレッキング、ネパール登山、ネパールクライミング、ネパールアドベンチャートレッキング、高地ベースキャンプトレッキング、ハイパストレッキング、ラフティングなどさまざまな楽しい自然遊びのできる国ではありますが、こう言った活動は山奥の不便な箇所を中心に行われます。何かがあってはいけないとお客様の安全保護に心かけております。上記説明プログラム現場で病気などされますと緊急救援活動はヘリだけによって可能な箇所が多く、ここでお客様にお願いです:旅行に出る前病気されました方と、そのほかに長い病気、危険な病気、心臓病などお持ちの方はあらかじめお知らせください。またお客様ご希望のトレッキングや観光旅行の現場ではお客様をサポートしますガイドと相談ください。ご協力、ご理解をお願い申し上げます。

都合に合わせての予約:上記説明のトレッキング行程は見本もので料金は見本物の行程を基準に作られたものです。お客様の都合に合わせた行程ないよう変更は可能です。問い合わせに応じお客様の都合に沿った行程変更が可能な上、職人による手作りプランも可能です。さらにお客様のご希望に沿った見積もりプランを振りサービスでお届けします。ポーターを利用するトレッキング、ガイドを利用するトレッキングやこれらに異なるガイド矢ポーターだけを利用するトレッキングツアーからパッケージトレッキングツアーも可能です。遠慮なくお問い合わせください。
国内線航空券、ポカラは他の旅行先まで利用のバス切符、ラフティングプラン、マウンテンフライト、チトワン国立公園パッケージプランの手配、ルンビニ観光ポカラ観光、カトマンズ世界遺産観光、日本語ガイド、英語ガイド矢都合の行き先に合わせて専用車レンタルサービスなどお客様の必要に応じて手配することが当社として心をかけましたサービスを届けてしておりますのでどうぞ都合にあったサービスをご利用ください。・・・・・詳しく読む

支払い方法について:ご希望のツアー・トレッキング決定されますと決定額の20%額を予約金額として当社の銀行振込口座まで振込みさせていただくことになります。決定いたします旅行に感ずる航空券、ホテル、トレッキングや観光ガイドなどの予約決定いただくのためです。予約金が振り込まれますとその詳細を送っていただけるようによろしくお願い申し上げます。予約金が確認されますとその日や次の日までにお客様の予約プログラム詳細含む当社の印鑑つき領収書をメールでお客様の本へと送りさせていただくことになります。ご了承ください。
キャッシュカード:やでの支払いをお求めの場合会社まで連絡ください。御面倒で申し訳ありませんが予約金の20%は現金で振込みさせていただくようにお願い申し上げます。もし
国内線航空券、ポカラは他の旅行先まで利用のバス切符、ラフティングプラン、マウンテンフライト、チトワン国立公園パッケージプランの手配、ルンビニ観光ポカラ観光、カトマンズ世界遺産観光、日本語ガイド、英語ガイド矢都合の行き先に合わせて専用車レンタルサービスなどお客様の必要に応じて手配することが当社として心をかけましたサービスを届けてしておりますのでどうぞ都合にあったサービスをご利用ください。・・・・・詳しく読む

トレッキングツアーの見積もり:ネパール、チベット、ブータン、インド旅行してみたいデモその料金とツアー先についてあんまり知らないという初めて旅行するお客様から、時間が無く旅行の計画を立てられないというお客様のほかに職人による見積もりプランがほしいと思われているお客様までフリーサービスで旅程とその見積もりをお届けしております。初心者から上級者までのお客様の都合に合わせたぴったりの、職人による手作りプランと見積もりを無料でお届けしております。ご遠慮なくご利用ください。詳細を読む・・・・・・

トレッキングの準備: トレッキングパーミット:登山、クライミングとトレッキングを厳密に区別しているネパールでは、普通のトレッキングをする場合トレッキングパーミット、TIMS(Tourist Information Management System)カード必要となります。エベレスト街道、アンナプルナ地域、ランタン方面トレッキングルートは普通のトレッキングルートとし、政府発行のパーミットを必要なく自然保護地域プロジェクトとして各地域入場許可証を取得する必要があります。 これらのほかに北ドルパ、ムスタン、ツム街道、ナルフ街道などに向けてのトレッキングでは政府発行の特別トレッキング許可証を取得する必要があります。 上記説明のどちらの許可書を取得するにしても5〜6枚のパスポートサイズの写真とパスパートのコピー必要です。 せっかくの旅行、自然を遊びするのに対し地元の会社を利用することでトラブルなどに巻き込まれない地元ガイドとポーターを雇うことに心をかけましょう。詳細を読む・・・・・・。

交通機関:アンナプルナ方面トレッキングの場合カトマンズからバス、専用車やポカラ線飛行機の中でお客様の都合に合わせて利用することが出来ます。飛行機移動に比べてバス移動の場合二日から三日ほどのトレッキング行程が長くなります。専用車を利用しポカラ移動されます場合自然を楽しむばっかりではなく文化、カルチャー、普通に人生活を除くことが出来ます。トゥリスリ川沿いに走るネパール国道線の両脇にある緑を楽しんで好きなところでコチャーでも飲みながらポカラまで楽しい時間をすごせます。・・・・詳しく読む

トレッキングルート先で点在の病院と診療所:ソル・クーンブ山域:大希望のトレッキング客が込み合っているエベレスト街道トレッキングルートのジリ/ルクラ/クンデ/フェリチェでは病院や診療所があります。標高3000mを超える標高では高山病にかかることがあり、個性的です。未経験の高地であるこれらのルートでは高山病やそのほかの病気など心配なくトレッキングを楽しめられるように診療所は病院を設けています。新鮮な空気とシンプルな食生活をすごすトレッカがトレッキング後より元気になったこともあれば、下痢や普通の熱だから、あるいは息苦しく高山病の警告を走っていることを無視して死亡する事件まで巻き込まれた例があります。お客様の健康を考えて設けているこれらの診療所や病院を訪れ健康を大事にしましょう。
アンナプルナ方面:ジョムソン/マナン:アンナプルナ地域に見晴らしの大自然を健康な体と心で楽しめられるようにジョムソン街道とマナンで病院を設けております。気分が悪くなったり、食欲が無くなったり、熱や下痢になったり、あるいは高山病症状ではない・・・・・・?と疑うようなことが合ったらすぐにともにいるガイドと現状を相談し、病院を訪れ健康な体に心をかけましょう。

高山病: 高山病は個性的者です。登山や高地トレッキング経験のある方にでも高山病になることがあれば、初心者でありながら通常の標高を越えてまで高山病にならないこともあります。通常3000mを超えれば高山病が起こりうる。予防はゆうっくりと登りつむこと。体に変調が感じた場合、ともにしているガイドさんに相談し、とどまることなく下山する。標高を順にのぼりつむことから無理のない行程を取り組むことで高山病心配を避けられ・・・・・・詳しく読む

服装と装備:第一必要なのが健康な心と体。変更などに即応出来て動きやすい服装がお勧め。町を離れた山奥で自然遊びがトレッキングですから低地と高地で寝泊りすることになります。昼と夜では気温が何十度も変わることになります。そういった状況に対応できる服装を用意しましょう。
エベレスト地域のトレッキングする場合朝晩は寒く、昼は日差しが強い・・・・・・詳細を読む

トレッキングの季節:通常のトレッキング季節として知られているのが9月中旬から5月中旬。美しい山を目的としたトレッキングの場合最高のトレッキング季節として考えられるのが9月中旬から12月上旬と3月から5月まで。6月から8月にかけて雨が降ることが多い。雨季でありながら雨の降ることが無くムスタントレッキングする場合快適のシーズンとして考えられます。9月から12月にかけての秋は青空が澄み渡り、ヒマラヤの美しさは完璧。12月から2月にかけて寒さは厳しく、標高3000mを超えると積雪するが万全な準備をすれば十分に目的を楽しめる。3月から春霧が始まり、希望に沿った展望が厳しくなる。5月以降は晴れていても雨季のためトレッキングには向かない。・・・・・・詳細を読む

宿泊と食事:カトマンズやポカラ、あるいはそのほかの町観光では個室部屋での宿泊設備が可能ですが、短縮トレッキングや高地ヒマラヤベースキャンプトレッキングではロッジ泊プラントなります。食事はネパール食のダルバットから焼き召し、焼きそば(チャウミン)、うどんに似たトゥクパ、フレンチトースト、トースト、野菜炒め、ニンニクスープ、野菜スープ、オムレツ、餃子、ピザ、パンケーキ、ポリッジ、チベット風料理、ボイルドポテト、フライドポテト、焼き餃子、ホヤホヤのパン、ステーキなどなどを料金プランによるメニューが楽しめられます。・・・・・・詳細を読む
寝室:トレッキングでは個室では無く、二人が利用できる部屋があり、季節では dormitaryで寝過ごすことも考えられます。9月から12月の季節ではグループ内人数が少ないほど忙しいルートのエベレストやアンナプルナ方面トレッキングでは寝袋を利用し空き所で寝過ごすこともあります。ベッドにはかけ布団と枕も用意されて降りますが、寒げな方は寝袋を持ちましょう。なお、トレッキングシーズンに合わせてフリスの寝袋が必要かを参考ください。 トイレがロッジの外にあるときもありますのでレインコットや懐中電灯を持つと便利です。なれない道で足元の危ない道がありますので懐中電灯は必ず持つようにしましょう。・・・・・・詳細を読む
食事:ネパール料理のダル・バット、ポリッジ、パパド、オムレツ、目玉焼き、ゆで卵、ボイルドポテト、うどん風の面入りスープ、野菜炒め、タルカリ、焼きそば風のチャウミン、パンケーキ、フレンチトースト、トースト、サンドウィッチ、焼き餃子、ゆで餃子、肉、野菜スープ、フライライスお菓子、飴、パン、ビスケット、スナック、ポテトチプスなど。・・・・・・詳細を読む
お勧めの携帯式日本の味:日本の味に頑固の方携帯式の味噌汁、ふりかけ類、乗り、ココア、携帯用のしょうゆ、カップラーメンなどを持ちますと懐かしいふるさとの味を楽しめられます。
お勧めの飲み物:ブラックコーヒー、ホットコーヒー、ミルクコーヒー、コーチャー、ホットレモン、ホット水、ミネラルオーター、ホットチョクレット、ニンニクスープ、コーンスープ、缶ビル、コーラ、ハードドリンクニンニクスープ、ホットレモン、ホット水、コチャー、ミルクコチャー、ホットチョコレットなど。

ポーターとガイド:ルートごとに経験豊かな日本語や英語トレッキングガイドは可能です。日本語ガイドを利用するに当たり料金の多少が変わります。元々日本語のガイドを夢見ているものなので道やトレッキング地理の知識に優秀なトレッキングガイドあり、失格の持っているものを用意しているためトレッキング途中で苦情への心配は要りませんもしそのようなことが出た場合当社自身の責任になることを約束できます。
ガイドの経験に関することですが先輩ガイドと少なくとも2回ルートを往復してないものをガイドとして利用することがないのです。性格などに対する不安もあると思いますが、ポーターをし先輩の背中を見ながら経験と積み上げてないものをガイドとして使うことが一切ありません。少なくとも2年近く「ルートを全部知るまで」アシスタントガイドとしての仕事ぶりを確認してからガイドとして雇い始めることが当社の特徴です。
トレッキンググループをリードし山に行く仕事をガイドとしてみているのではなく、グループのことをちゃんとしてリードする上に満足の得られる仕事をこなしてくれる資格者をガイドとして雇っているのです。お客様たちの中で高山病にかかる人もいれば、それ以外の病気にかかったりする人も出るときがあります。これらの状況を読んで直ちに判断をして安全の出来る旅行をこなしてくれるものをガイドとして雇っている事実があります。ごく普通に聞こえる”有り難う”ですがお客様の安全を第一にしている私に”有り難う”ください。・・・・・・詳細を読む

当社:

政治事務所登書類
弊社について
観光客の賑っているタメル地域近くにある当社はおチャーを静かに飲みながらお話の出来る位置にあります。物乞いやそのほかのものにしつこく付きまとうことなく、大事な旅行に出発する前に冷静に注意点などお話できる距離です。中央タメルからわずか7〜8分の歩行距離にある当社はお客様のことを考え、わざと少し離れたところに設置しております。
日本人、日本の文化と日本のことをしている当社社長は日本人観光客に人気のある大手旅行社で長年に渡りマネジャーの仕事をこなしていた経験者です。清潔で時間に厳しくお客様を大切にするものです。現場にいる一人ひとりのお客様に関する情報を把握し、必要に応じて係わり員に指導し一人ひとりの安全を第一に考えてくれるものです。
地元ネパールで生まれ、日本の大手観光旅行社で勤めの経験をあり、時より日本人観光客をリードしていた経験豊かなもので、日本語使用にも問題のない仕事に厳しいでも心の暖かい人です。どうぞ一度訪れてみていかがでしょうか?よろしくお願いします。・・・・・・詳細を読む

エコプログラム:山の大国ネパール登山、トレッキングやピーククライミング愛好者にとって大の国としての人気を誇っています。手つかずの自然が印象付けるネパールですが、近年開発計画や人口増加が進むにつれて、森林の減少、温暖化現象など深刻な問題を受けている。外国から訪れています登山やトレッキングたちによる自然破壊・汚染も影響を及ぼしている。
これらの現状を深く理解し、当社では自然保護に知識優秀なガイドを利用する上でお客様に協力を求めル場合があります。少なくともトレッキング・ツアー中生活の中で出るごみのポイ捨てがないようにSPCC,ACAP, MCAPなどトレッキングルートごとにおかれているゴミ箱の中に入れるか、そうでない場合ごみ管理のできる位置まで一緒に持ってあるかするようにしてください。

よくある質問欄:当社では過去に訪れましたお客様の意見、経験とお知らせするべくものからよくある質問欄ページを作成しております。ご覧いただけますとお客様のネパール旅行をより立派な旅行になることを予想されます。そのほかの気になることなどありましたらすぐにお問い合わせください。・・・・・詳細こちらから

注意:外国の町として知られているタメル地区では非常に物乞いの子供たちが増えています。物乞いに金銭的物を与えることで彼らの育ちを妨げ、逆に言いますと社会負担が増加する幻想が起こります。そう言った行為を避けて彼らに彼らのするべく社会的任務を教えましょう。ご協力をお願い申し上げます。

Web-Stat traffic analysis