素早いお問い合わせフォーム
お名前
お国
メールアド:
コース:
グループ人数
到着詳細
ガイド: 日本語 英語
その他の情報
 
ネパールトレッキング
エベレストベースキャンプトレッキングルート詳細
ベリーチャータートレッキク
ネパールトレッキング
エベレスト街道トレッキング
アンナプルナ地域トレッグ
ランタン地域トレッキング
ネパールその他のトレッキング
特別パーミット必要コース
アドベンチャートレッキング
お勧めトレッキングコース
トレッキングインフォ
ネパール人気クライミング
その他のサービス
ホテル手配と要約
チトワン国立公園内ホテル手配
チトワン国立公園外宿泊ホテル
チベット観光旅行ツアー
ネパールトレッキング協会加盟社
ネパールトレッキング協会加盟社

アンナプルナ周囲トレッキング−アンナプルナサーキットトレッキング

アンナプルナヒマラヤ一周する壮大なルートは、アンナプルナサーキットトレッキングとも呼ばれ、世界に人気のあるエベレスト街道と人気並びのこのトレッキングコーストレッカを集中させているコースでもあるのです。エベレスト街道と異なる魅力溢れる景色が変化に富んでいるこのトレッキングコース初めのうちグルン族の牧歌的な村々を歩き通しているうちにいつしか荒涼としているチベット的な荒地へと変わります。
ネパールトレッキングコースの中で、山遊びと思えないほど気持ちの良い宿泊設備と食が充実している。トレッキングコースの中で肝心のトロンパスは標高は5416mで、西ネパールを連峰を眺望できる最高の展望台です。アンナプルナサーキットトレッキングコースはエベレスト街道と比較的に高山病の心配も無く初心者の方でもネパールヒマラヤ最高の景色を楽しめるルートとしてお勧めできるコースです。
当社は地元カトマンズにある日本語専門トレッキングエージェントであり頼りの出来る山職人と日本語専門シェルパが揃っているためより安全に楽しい山遊びの希望を託せられる会社です。アンナプルナ地域を知り尽くしている日本語専門ガイドと何一つ不足無くトレッキングを楽しめられます。ネパール旅行に大人気の日本語専門店としてお客様の当社訪問を心待ちしております。ごく普通に聞こえる有り難うですが、私たちにください。

アンナプルナ地域でこのほかのモデルトレッキングコース

アンナプルナベースキャンプトレッキングお勧めトレッキング行程

  • トレッキング行程
  • 含まれているもの
  • 含まれていないもの
  • プログラム料金
  • 注意事項
  • 写真集
  • Day 01: カトマンズ国際空港到着と係員によりホテルへの移動。朝食付きでホテル泊
  • Day 02: カトマンズ〜へシサハール〜クディ:車でトレッキング開始点クディ (約790m)へ(約7時間)
  • Day 03: クディ〜バフンダンダ:バフンダンダ(約1310m)までの トレッキングをお楽しみ 下さい。(約6時間)(約6時間)朝・昼・夕食つき。
  • Day 04: バフンダンダ〜チャムジェ:広い川原の側にある村チャムジェ(約1430m)までの トレッキング を お楽しみ下さい。(約6時間) (約5時間)朝・昼・夕食つき。
  • Day 05: チャムジェ〜バガルチャプ:バガルチャプ(約2160m)間でのトレッキングを お楽しみ 下さい。(約6時間)歩行約6時間。朝・昼・夕食つき
  • Day 06: バガルチャプ〜チャーメ:アンナプルナ連峰を覗けるチャーメ約2670mまでの トレッキングを お楽しみ下さい。歩行約6時間歩行約6時間 朝・昼・夕食つき。
  • Day 07: チャーメ〜ピサン:ピサン(約3190m)までのトレッキングをお楽しみ下さい。 歩行約6時間歩行約6時間。 朝・昼・夕食つき
  • Day 08: ピサン〜ナワル:アンナプルナ山群を見渡せる村ナワル (約3657m)までの トレッキングを お楽しみ下さい。 歩行約4時間 朝・昼・夕食つき。
  • Day 09: ナワル〜マナン:このエリア最大のチベット民族の村マナン (約3540m) までの トレッキングをお楽しみ 下さい。歩行約4時間朝・昼・夕食付きでロッジ泊。
  • Day 10: マナン:高度順応のための滞在。周辺の散策をお楽しみ下さい。朝・昼・夕食つき。
  • Day 11: マナン〜ヤクカルカ:徐々に高度を上げながらヤクカルカ(約4018m) 温泉につかれて トレッキングの疲れを 癒します。「歩行:約5時間」朝・昼・夕食つき。
  • Day 12: ヤクカルカ〜トロンフェディ:ダモダール・ヒマールの山々を間近に 望みながらトロン・フェディ (約4450m)間で のトレッキングを お楽しみ下さい。朝・昼・夕食つき。
  • Day 13: トロンフェディ〜トロンパス〜ムクティナート:早朝、トロン・ フェディ 出発。トロンパス (約5416m)にて日の出をしんだ後に、聖地ムクティナート (約3760m)までの トレッキング を楽しみください。朝・昼・夕食つき。
  • Day 14: ムクティナート〜ジョムソン:ジョムソン(約2720m)までの トレッキング をお楽しみ下さい。 歩行:約6時間。朝・昼・夕食つき。
  • Day 15: ジョムソン〜ポカラ:午前国内線にてポカラへ。ホテル到着後 フリータイム。朝・昼・夕食つき。
  • Day 16: ポカラ〜カトマンズ:午前国内線にてカトマンズへ。ホテル到着後、フリータイム。朝・昼・夕食つき。
  • Day 17: カトマンズ国際空港へ移動とともにツアー解散。朝・昼・夕食つき。
  • 注意: ベシサハルまでの交通機関はお客様の都合に合わせて専用車かバスを利用するプランのどちらでもOKです。お問い合わせの際お知らせください。
  • 空港/ホテル/空港出迎えサービス
  • プライスプランに合わせの宿泊ホテル。
  • トレッキング中三食の食事つき宿泊順応。
  • 十字箱
  • トレッキングルートマプ
  • 経験豊な日本語ガイドと、ポーター
  • スタッフの給料、日当、交通費、食事、宿泊設備、保険など
  • 宿泊料金
  • ダウンジャケット、寝袋と杖など
  • 国税含む会社サービス料金
  • 動物保護園入場許可証、TIMSカード
  • カトマンズ〜ルクラ往復航空券
  • 国内線国税
  • カトマンズで朝食以外のランチやディナー
  • お客様のトラベル保険や健康保険
  • 国際航空券と出発タクス。
  • ネパールエントリビザ。(ビザ詳細はこちら
  • アルコールや飲料品、お客様の意思に よるもの
  • 個人買い物
  • 個人使用のトレッキング道具。道具チェックリストはこちら
  • Tips
  • 必要の場合緊急救援活動や緊急入院代 など。
  • お客様の行為による違法的弁償代など。
  • インタネット、国際電話やその他の洗濯代などに似たも
  • エベレストベースキャンプトレッキング料金(プライス)プラン

    交通機関 飛行機移動
    カトマンズでツーリストスタンダードホテル滞在プラン 一人様13万円
    二人様11.5万
    カトマンズで中級ホテル滞在プラン 一人様USD0000
    二人様USD0000
    カトマンズで55の高級ホテル滞在プラン 一人様USD0000
    二人様USD0000
    カトマンズで高級ホテル滞在プランヘリチャーター 一人様USD0000
    二人様USD0000
  • 高山病の主な原因厳しい行程にあります。ゆったりした行程が雄一の高山病避ける方法です。
  • 高山病と症状を注意注意深くお読みください。
  • トレッキングでは(朝・昼・晩)三食の食事を含む宿泊せつびです
  • 最終目的のエベレストベースキャンプ標高5360m
  • カトマンズ空港では専用車で向かえサービスですがジリはトレッキング開始地点となります。
  • 国内線航空券はルクラ〜カトマンズ空券ということになります。
  • 料金プランはティハウス宿泊プランです。キャンピングトレッキングも楽しいので希望は会社までお問い合わせください。
  • トレッキングベストシーズンは1月〜5月、9月〜12月です。予約が一杯々になるため予約はお早め。
  • ルクラから飛行機移動ですが天候により予定時間が崩れることがあります。ご了承ください。
  • 天候により欠航があります行程を十分に持ちましょう
  • 帰り日が気になります方はともにしているガイドと帰り日のことをご相談ください。。
  • エベレスト街道トレッキングは高くつきます。予算額と合わない方はもう一度ご相談ください。。
  • 当ルートではパーミットとTIMSカードが必要です。写真2〜3枚を送るようにしてください。
  • ホテルや航空券予約の際パスポートのコピーが必要のときがあります。あらかじめご了承ください。
  • グループ人数がおいほど料金が安くなります。ご相談ください。
  • 当ルートはトレッカが溢れるルートです。自然が豊かで静かなルートを希望の方はお知らせください。
  • 当社は日本語専門トレッキング会社です。日本語ガイドのほかに英語のガイドご希望の方は事前にお知らせください。
  • トレッキングガイド必要のない方はお知らせください。
  • カトマンズで世界遺産観光除きの行程も可能です。お知らせください。
  • 一日歩行時間は、基本的に、5〜6時間程度ですが事情により伸びるときもあります。
  • 基本的に二人のお客様に対し一人のポーター計算の額となります。ひとりのポーターが持つ荷量が30キロまでです。ポーターが多く必要の方はお知らせください。
ネパールトレッキング写真集エベレスト街道トレッキングエベレストベースキャンプトレッキングエベレスト街道トレッキング神秘的世界のカラパタルトレッキングエベレストトレッキング観光初心者向けのタンボチェトレッキングカラパタルトレッキングルクラ空港

予約決定する前に注意を払っていますか?当社と予約のメリットとは!

都合の予約:

上記説明のトレッキング行程は見本もので料金は見本物の行程を基準に作られたものです。お客様の都合に合わせた行程ないよう変更は可能です。問い合わせに応じお客様の都合に沿った行程変更が可能な上、職人による手作りプランも可能です。さらにお客様のご希望に沿った見積もりプランを振りサービスでお届けします。ポーターを利用するトレッキング、ガイドを利用するトレッキングやこれらに異なるガイド矢ポーターだけを利用するトレッキングツアーからパッケージトレッキングツアーも可能です。遠慮なくお問い合わせください。
国内線航空券、ポカラは他の旅行先まで利用のバス切符、ラフティングプラン、マウンテンフライト、チトワン国立公園パッケージプランの手配、ルンビニ観光ポカラ観光、カトマンズ世界遺産観光、日本語ガイド、英語ガイド矢都合の行き先に合わせて専用車レンタルサービスなどお客様の必要に応じて手配することが当社として心をかけましたサービスを届けてしておりますのでどうぞ都合にあったサービスをご利用ください。

トレッキングツアーの見積もり:

ネパール、チベット、ブータン、インド旅行してみたいデモその料金とツアー先についてあんまり知らないという初めて旅行するお客様から、時間が無く旅行の計画を立てられないというお客様のほかに職人による見積もりプランがほしいと思われているお客様までフリーサービスで旅程とその見積もりをお届けしております。初心者から上級者までのお客様の都合に合わせたぴったりの、職人による手作りプランと見積もりを無料でお届けしております。ご遠慮なくご利用ください。詳細を読む・・・・・・

トレッキングの準備:

トレッキングパーミット:登山、クライミングとトレッキングを厳密に区別しているネパールでは、普通のトレッキングをする場合トレッキングパーミット、TIMS(Tourist Information Management System)カードが必要となります。エベレスト街道、アンナプルナ地域、ランタン方面トレッキングルートは普通のトレッキングルートとし政府発行のパーミットを必要なく自然保護地域プロジェクトとして各地域入場許可証を取得する必要があります。
これらのほかに北ドルパ、ムスタン、ツム街道、ナルフ街道などに向けてのトレッキングでは政府発行の特別トレッキング許可証を取得する必要があります。
上記説明のどちらの許可書を取得するにしても5〜6枚のパスポートサイズの写真とパスパートのコピー必要です。
せっかくの旅行、自然を遊びするのに対し地元の会社を利用することでトラブルなどに巻き込まれない地元ガイドとポーターを雇うことに心をかけましょう。詳細を読む・・・・・・。

交通機関:

アンナプルナ方面トレッキングの場合カトマンズからバス、専用車やポカラ線飛行機の中でお客様の都合に合わせて利用することが出来ます。飛行機移動に比べてバス移動の場合二日から三日ほどのトレッキング行程が長くなります。専用車を利用しポカラ移動されます場合自然を楽しむばっかりではなく文化、カルチャー、普通に人生活を除くことが出来ます。トゥリスリ川沿いに走るネパール国道線の両脇にある緑を楽しんで好きなところでコチャーでも飲みながらポカラまで楽しい時間をすごせます。

高山病:

高山病は個性的者です。登山や高地トレッキング経験のある方にでも高山病になることがあれば、初心者でありながら通常の標高を越えてまで高山病にならないこともあります。通常3000mを超えれば高山病が起こりうる。予防はゆうっくりと登りつむこと。体に変調が感じた場合、ともにしているガイドさんに相談し、とどまることなく下山する。標高を順にのぼりつむことから無理のない行程を取り組むことで高山病心配を避けられる。
初期の症状は頭痛、不眠、食欲不振、呼吸困難、動悸、吐き気、意識が弱く、手足にむくみ、咳が多く、爪や唇の色変更、眩暈などです。トレッキングの最中このような症状が現れると、病気として考えることではなく、少ない酸素に対するからの警告として考える必要があります。詳しく読む・・・・・・

服装と装備

第一必要なのが健康な心と体。変更などに即応出来て動きやすい服装がお勧め。町を離れた山奥で自然遊びがトレッキングですから低地と高地で寝泊りすることになります。昼と夜では気温が何十度も変わることになります。そういった状況に対応できる服装を用意しましょう。
エベレスト地域のトレッキングする場合朝晩は寒く、昼は日差しが強いです。雪や日焼けなど無いようにやけ止めクリームを用意しましょう。荒っぽい道を歩くことが殆どですから、足にあったやわらかいトレッキング靴を用意しましょ。雪、雨と暴風に備えてレインコットを用意することでより安心したトレッキングを楽しめます。詳細を読む・・・・・・

トレッキングの季節:

通常のトレッキング季節として知られているのが9月中旬から5月中旬。美しい山を目的としたトレッキングの場合最高のトレッキング季節として考えられるのが9月中旬から12月上旬と3月から5月まで。6月から8月にかけて雨が降ることが多い。雨季でありながら雨の降ることが無くムスタントレッキングする場合快適のシーズンとして考えられます。9月から12月にかけての秋は青空が澄み渡り、ヒマラヤの美しさは完璧。12月から2月にかけて寒さは厳しく、標高3000mを超えると積雪するが万全な準備をすれば十分に目的を楽しめる。3月から春霧が始まり、希望に沿った展望が厳しくなる。5月以降は晴れていても雨季のためトレッキングには向かない。詳細を読む・・・・・・。

宿泊と食事:

カトマンズやポカラ、あるいはそのほかの町観光では個室部屋での宿泊設備が可能ですが、短縮トレッキングや高地ヒマラヤベースキャンプトレッキングではロッジ泊プラントなります。食事はネパール食のダルバットから焼き召し、焼きそば(チャウミン)、うどんに似たトゥクパ、フレンチトースト、トースト、野菜炒め、ニンニクスープ、野菜スープ、オムレツ、餃子、ピザ、パンケーキ、ポリッジ、チベット風料理、ボイルドポテト、フライドポテト、焼き餃子、ホヤホヤのパン、ステーキなどなどを料金プランによるメニューが楽しめられます。
寝室:トレッキングでは個室では無く、二人が利用できる部屋があり、季節では dormitaryで寝過ごすことも考えられます。9月から12月の季節ではグループ内人数が少ないほど忙しいルートのエベレストやアンナプルナ方面トレッキングでは寝袋を利用し空き所で寝過ごすことも考えられます。
お菓子、飴、パン、ビスケット、スナック、ポテトチプスなど。
飲み物:コーヒー、コーチャー、ホットレモン、ホット水、ミネラルオーター、ホットチョクレット、ニンニクスープ、コーンスープ、缶ビル、コーラ、ハードドリンクなど。
お勧めの飲み物:ニンニクスープ、ホットレモン、ホット水、コーヒー、コチャー、ホットチョコレットなど。 詳細を読む・・・・・・。

ポーターとガイド:

ルートごとに経験豊かな日本語や英語トレッキングガイドは可能です。日本語ガイドを利用するに当たり料金の多少が変わります。元々日本語のガイドを夢見ているものなので道やトレッキング地理の知識に優秀なトレッキングガイドあり、失格の持っているものを用意しているためトレッキング途中で苦情への心配は要りませんもしそのようなことが出た場合当社自身の責任になることを約束できます。
ガイドの経験に関することですが先輩ガイドと少なくとも2回ルートを往復してないものをガイドとして利用することがないのです。性格などに対する不安もあると思いますが、ポーターをし先輩の背中を見ながら経験と積み上げてないものをガイドとして使うことが一切ありません。少なくとも2年近く「ルートを全部知るまで」アシスタントガイドとしての仕事ぶりを確認してからガイドとして雇い始めることが当社の特徴です。
トレッキンググループをリードし山に行く仕事をガイドとしてみているのではなく、グループのことをちゃんとしてリードする上に満足の得られる仕事をこなしてくれる資格者をガイドとして雇っているのです。お客様たちの中で高山病にかかる人もいれば、それ以外の病気にかかったりする人も出るときがあります。これらの状況を読んで直ちに判断をして安全の出来る旅行をこなしてくれるものをガイドとして雇っている事実があります。ごく普通に聞こえる”有り難う”ですがお客様の安全を第一にしている私に”有り難う”ください。詳細を読む・・・・・・。

当社:

観光客の賑っているタメル地域近くにある当社はおチャーを静かに飲みながらお話の出来る位置にあります。物乞いやそのほかにお客様の歩き先を邪魔にするものたちから離れているThamel-Nayabazar は中央タメルから歩いて5分ぐらいの距離です。
日本人、日本の文化と日本のことをしている当社社長は日本人観光客に人気のある大手旅行社で長年に渡りマネジャーの仕事をこなしていた経験者です。清潔で時間に厳しくお客様を大切にするものです。現場にいる一人ひとりのお客様に関する情報を把握し、必要に応じて係わり員に指導し一人ひとりの安全を第一に考えてくれるものです。
地元ネパールで生まれ、日本の大手観光旅行社で勤めの経験をあり、時より日本人観光客をリードしていた経験豊かなもので、日本語使用にも問題のない仕事に厳しいでも心の暖かい人です。どうぞ一度訪れてみていかがでしょうか?よろしくお願いします。詳細を読む・・・・・・。

Web-Stat traffic analysis