素早いお問い合わせフォーム
お名前
お国
メールアド:
コース:
グループ人数
到着詳細
ガイド: 日本語 英語
その他の情報
 
ネパールトレッキング
エベレストベースキャンプトレッキングルート詳細
ベリーチャータートレッキク
ネパールトレッキング
エベレスト街道トレッキング
アンナプルナ地域トレッグ
ランタン地域トレッキング
ネパールその他のトレッキング
特別パーミット必要コース
アドベンチャートレッキング
お勧めトレッキングコース
トレッキングインフォ
ネパール人気クライミング
その他のサービス
ホテル手配と要約
チトワン国立公園内ホテル手配
チトワン国立公園外宿泊ホテル
チベット観光旅行ツアー
ネパールトレッキング協会加盟社
ネパールトレッキング協会加盟社

ユブラピーク(6035m)クライミング

ユブラヒマール(6035m)はランタン地域にあるさまざまなクライミングピークの中で人気ピークの一つです。トレッカーやクライマーが込まない当地域でのクライミングは静かにヒマラヤ自然を楽しんでいきたいという希望を持っている方にお勧めです。ラスワ、ガネシュヒマール、ランタン地域に聳え立つヒマラヤのほかにチベット国境上で素晴らしく輝いているシサパンマまでを見渡せます。世界の中でも最も美しい谷のひとつといわれているランタン渓で色とりどりの高山花、シャクナゲツムジの花、ランタン氷河に続きアンナプルナやランタンと異なるシェルパやタマン族のカルチャーともと触れ合えます。
通常のトレッキングルートでキャンジンゴンパをたどりますとキャンジンゴンパからユブラヒマールベースキャンプへ進行します。ベースキャンプでは経験豊かなガイドの指導による練習を行われ、お客様のクライミング技術を把握し、その翌日ハイキャンプ移動します。ハイキャンプから風の深い無い早い朝から頂上アタックを開始します。温かいスープと栄養のある朝食をとっていただきガイドに導かれサミットします。安全にクライミングを終了させていただき、ベースキャンプへ戻るとヒマラヤエコ環境を浴するためゴミ処理などに済ましベースキャンプから通常のトレッキングルートでシャブルベシまで戻りその後、ドライブでカトマンズバックしていただきます。ユブラヒマールクライミング詳細情報はお客さんの求めに応じ日本語にてフリーサービスで情報提供いたします。ご希望は当社までお問い合わせください。

ユブラピーククライミング見本写真

ユブラピーククライミング詳細 ユブラピーククライミングマップ ユブラピーククライミング 日本語ガイドとユブラピーククライミング ユブラピークテクニカルピーククライミング ユブラピーク成功のクライミング方法 格安料金プランでユブラピーククライミング計画 ユブラピーククライミング日本語専門シェルパ
練習の基本:
  • 私生活の管理方法
  • 基本になるズマルの使い方
  • アイスアクスの使い方
  • クライミングブーツにクランポンの使い方、安全管理
  • アイスバー、アイスハンマーの使い方
  • カラピナの使い方
  • クライミングブーツの使い方
  • メーンロープで安全帯の肯定
  • クライミング基本となるメーンロープと体の肯定形式
  • メーンロープを片手に巻き安全に登り進めること
  • メーンロープ使い方向
  • つかれきったときに備えて途中で休める方法
  • すべてが整えると足の進める方法、
  • その他の道具の使い方等々

詳しくは当社までお問い合わせください。

チュル西クライミング

ユブラピーククライミングモデルプランとプライス内容

  • トレッキング行程
  • 含まれているもの
  • 含まれていないもの
  • プログラム料金
  • 注意事項
  • Day 01: カトマンズ国際空港到着と係員によりホテルへの移動。朝食付きでホテル泊。
  • Day 02: 許可証収集、クライミングについて紹介、世界遺産(カトマンズダルバル広場、ソヤンブナートボーダナート、パスパティナート)観光。ホテル泊まり。
  • Day 03: カトマンズからシャブルベシドライブトレッキング。朝・昼・夕食付きでティハウス泊まり。
  • Day 04: シャブルベシからラマホテルトレッキング。朝・昼・夕食付
  • Day 05: ラマホテルからゴラタベラトレッキング。朝・昼・夕食つき。
  • Day 06: ゴラタベラからランタン村トレッキング。朝・昼・夕食つき
  • Day 07: ランタン村からキャンジンゴンパトレッキング。朝・昼・夕食つき
  • Day 08: キャンジンゴンパで高度順応のため休憩とキャンジンリハイキング。朝・昼・夕食つき。
  • Day 09: キャンジンゴンパからユブラヒマールベースキャンプ(4900m)トレッキング。朝・昼・夕食つき。
  • Day 10: ベースキャンプでクライミング練習。または天候の様子を見る予備日。朝・昼・夕食つきでテント泊。
  • Day 11: 早い朝ユブラ費マルクライミング開始。サミット終了後ベースキャンプバック、ゴミ処理。朝・昼・夕食つき。
  • Day 12: ベースキャンプからキャンジンゴンパバック。朝・昼・夕食つき。
  • Day 13: キャンジンゴンパからラマホテルバック。朝・昼・夕食つきでテント泊。
  • Day 14: ラマホテルからシャブルベシバック。朝・昼・夕食つきでテント泊。
  • Day 15: シャブルベシからカトマンズドライブバック。朝食つきでホテル泊まり。
  • Day 16: カトマンズでタメル周辺散策お土産買い揃い帰国への準備。夕方クライミングをお祝う食事会。朝・昼・夕食つき。
  • Day 17: カトマンズ国際空港ドロップと共にクライミング・トレッキング解散。帰国です。
  • 注意: 行程内では含まれておりませんがお客様の希望に沿って日本語ガイドつきのカトマンズ世界遺産やポカラ市内観光やそのほかのラフティング、マウンテンフライト、ネパールホテル予約と手配、国内線航空券の予約、チトワン国立公園遊びプログラム、平和の聖地として知られているルンビニ観光も可能です。お問い合わせの際会社までお知らせください。
  • 空港/ホテル/空港出迎えサービス
  • プライスプランに合わせの宿泊ホテル。
  • お客様含むガイドのカトマンズ〜ルクラ〜カトマンズの往復航空券
  • クライミングパーミット
  • TIMSカード
  • トレッキング中三食の食事つき宿泊順応。
  • 十字箱
  • 経験豊なクライミングガイド、ポーター
  • スタッフの給料、日当、交通費、食事、宿泊設備、保険など
  • 宿泊料金
  • 消費税含む会社サービス料金
  • 料金プラン合わせの交通機関
  • 動物保護園入場許可証、TIMSカード
  • 予約プラン合わせトレッキング開始点までの交通機関
  • クライミングメインロープ
  • クライミング中宿泊テント
  • ベースキャンプやハイキャンプ宿泊の場合三食の食事と宿泊テント
  • クライミングの成功によるクライミング表彰状
  • 国内線国税
  • カトマンズで朝食以外のランチやディナー
  • お客様旅行保険
  • 国際航空券と出発タクス。
  • ネパールエントリビザ。
  • アルコールや飲料品、お客様の意思に よるもの
  • 個人買い物
  • 個人使用のトレッキング道具。道具チェックリストはこちら
  • 上記説明以外にお客様の意思によるもの
  • インタネット、国際電話やその他の洗濯代などに似たも
  • Tips

1〜4人様のグループでユブラヒマールピークライミングプライスプラン

滞在ホテル プライスプラン

5〜7様のグループでユブラヒマールピーククライミング料金(プライス)プラン

滞在ホテル プライスプラン

8〜12人様のグループでユブラヒマールピーククライミング費用

滞在ホテル プライスプラン
注意:ネパールNMAピーククライミング規則によりグループ内人数は12人までと制限されております。人数が多いほど料金が変わりますのでまずはお問い合わせください。

ユブラヒマールピーククライミングメモ

  • ツアータイプ
  • 所要日数
  • 最小催行人員
  • 最高標高
  • 最高宿泊キャンプ
  • 高度影響
  • 一日歩行時間
  • 登山ガイド
  • カトマンズで利用ホテル
  • ポーター
  • 個人でポーター手配と料金
  • 個人でガイド手配と料金可能
  • 注意事項
  • 登山、高地ヒマラヤトレッキング(ランタン地域ピーククライミング)
  • 17日間
  • 2名(一人でもよいですが、お相談ください。)
  • 6035m
  • 5500m
  • 6〜7時間
  • 料金プランあわせ
  • 可能(でも問い合わせください
  • 可能(まずはお問い合わせください)。
  • ご旅行代金の他に、空港税、保険料、燃油付加料などはご請求の際案内します
渡航手続き関係 ご提出
査証の必要な国名 申請書、健康診断、約定書、山歴書、が以外旅行保険申込書、海外旅行保険承認請求書(登山保険申込書)、査証申請書
ネパール
必要なパスポート 査証申用顔写真(*詳細は、「査証について」をご確認ください)、旅券(パスポート)
ビザ申請時に6ヶ月以上必要
ユブラヒマールピーククライミングシーズン
  • よいシーズン:\ 3月\ 4月 \ 5月\ 6月\ 10月 \11月 \12月
  • ベストシーズン:4月 \5月 \9月後半\ 10 月 \ 11月
Web-Stat traffic analysis